2016年08月26日

0.6ctUPダイヤモンドをK18エタニティ風リングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

今日ご紹介するのは、奈良からご来店頂きましたO.Mさまダイヤモンドリングリフォームです。

奈良県からのお客様増えていますね黒ハート
「来て見ると意外とそんなに遠くない」とおっしゃっていただけ嬉しい限りです。
駅の西改札から徒歩1分ですからね。
電車で来られたら楽チンですわーい(嬉しい顔)

さて、お持ち頂いたのは0.684ctのダイヤモンドリングですぴかぴか(新しい)



* ビフォー *
RIMG0044.jpg


爪が大きくて台座の高さも高いですし、
このままではどうにも身につけられそうも無いですねあせあせ(飛び散る汗)

こちらをカジュアルに身につけやすいようK18イエローゴールド製のエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


* アフター *
RIMG0200.jpg


メレダイヤは共爪でセッティングされているので
細めのアームですがキラキラして可愛らしい印象です。


RIMG0209.jpg

台座の高さも全くありません。
ダイヤのキューレット(底の尖った部分)が一番下まできていますね。

RIMG0210.jpg


O.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。









ダイヤモンドリングのアーム部分にメレダイヤが連なるようにセッティングされているデザインは、全体の印象をカジュアルかつ軽やかにしてくれる高価がございます。
アーム部分が金属だけのダイヤモンドリングは、フォーマルな印象が強くなりますのでカジュアルなお洋服には併せにくいかもしれません。不思議なのですが、金属よりもメレダイヤの輝きの方が優しく軽やかな印象ですので、お洒落に気軽に身につけられるんです。言葉での説明はちょっと難しいですね。実際に同じぐらいの大きさの1粒ダイヤモンドリングとアーム部分がメレダイヤが連なるようにセッティングされているリングと比較して見るとわかりやすいかもしれません。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。



posted by はぎ妻 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリーリフォーム

2016年08月25日

古い宝石をリフォームなさりお嬢様へプレゼント【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

今日はお嬢様とご一緒にご来店くださいましたY.Aさまジュエリーリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、
こちらの0.43ct(5mm×3mm)のルビーリングです。


* ビフォー *
RIMG0075.jpg


こちらをご一緒にご来店頂いたお嬢様が身につけられるように
k18イエローゴールド製のエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0285.jpg

RIMG0289.jpg

RIMG0290.jpg








そして、もう1点は9mmUPのアコヤ真珠リングです。


* アフター *
RIMG0078.jpg


正面からの写真ではわかりにくいですが、
台座の高さがとても高くて身につけにくいそうなんですあせあせ(飛び散る汗)
また真珠が4つの太い爪で支えられているのもちょっと古い感じですたらーっ(汗)


こちらをシンプルなメレダイヤ付きの真珠リングへリフォームいたしました。




* アフター *
RIMG0295.jpg

RIMG0303.jpg

真珠自体が球体なのでどうしても高さはでてしまうものなのですが、
真珠のリング枠自体には高さが無いので以前よりはずっと低くて身につけやすくなったと思います。


RIMG0300.jpg



Y.Aさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。











身につける事が無い古いジュエリーはそのまましまっておかれてもどうしようもございません。
陶磁器や絵画などでしたらお部屋に飾っておけば見られる方が楽しめますが、ジュエリーは装飾品ですので身につけなければ何の価値もございません。
いつかお嬢様等の次の世代に渡すので、このまま置いておくとおっしゃる方もおられますが、ご自分が身につけられないようなデザインのジュエリーはお若い世代の方にとってはもっと身につけにくいのです。
ご自分がお元気なうちはご自分が身につけられるように古いジュエリーをリフォームなされば良いですし、ご家族のどなたかに引き継いでもらいたいのであれば、「好きな形へリフォームしてね」と一言添えてプレゼントなさる事をお勧めいたします。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。



posted by はぎ妻 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリーリフォーム

2016年08月24日

ダイヤとサファイアリングをそれぞれペンダントへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

今日ご紹介するのは、T.Yさまよりお持ち頂いたサファイアとダイヤモンドのリフォームですぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、
こちらの0.22ctの古いダイヤモンドリングです。


* ビフォー *
RIMG0025.jpg



こちらをPt900製のメレダイヤ取巻きのかわいいペンダントへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


* アフター *
RIMG0274.jpg






もう1点はこちらの
1.35ctのオーバルサファイアリングですぴかぴか(新しい)



* ビフォー *
RIMG0024.jpg

こちらと、同じくお持ち頂いた0.16ctのダイヤモンドです。
* ビフォー *
RIMG0028.jpg



この2点を縦につなぎ合わせたペンダントネックレスへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


* アフター *
RIMG0280.jpg



T.Yさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。











ジュエリーにも流行があるというのは再三お話ししておりますが、ネックレスチェーンにもやはり流行があるんです。
昔はもっと太くてデザインがなされているようなチェーンが多く、またペンダントトップも付け替えられるようになっておりましたが、ペンダントトップのバチカン(チェーンを通す金具)も最近では無かったり、目立たない物が主流です。
昔はチェーンを付け替えたりして、チェーンのお洒落を楽しむような傾向がございましたが、今は出来るだけチェーンは目立たせずペンダントトップを目立たせるような細いチェーンが主流となっております。
チェーンなど、ちょっとしたことで古い印象になって身につけにくくなるものですから、身につけにくいなと、感じたらリフォームなさる時かもしれません。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。



posted by はぎ妻 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリーリフォーム

2016年08月23日

K18製ミル打ちマリッジリングのご注文【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

今日は以前に当店でエンゲージリングをお作り頂いたY&Mさまカップルより
マリッジリングのご注文をお受けいたしましたのでご紹介いたします。

エンゲージリングのブログ記事



RIMG0244.jpg

■ メンズリング

K18イエローゴールド製 
セミラウンド3mm幅
両サイドミル
マット仕上げ

■ レディースリング

K18イエローゴールド製 
セミラウンド2mm幅
センターミル
メレダイヤ×1
ミラー仕上げ



となっております。



以前お作り頂いたエンゲージリングとの重ねづけもピッタリ黒ハートでしたし、
イエローゴールド製とミル打ちがさりげなくペアデザインになっていて素敵ですねぴかぴか(新しい)


Y&Mさま、この度は当店でマリッジリングをご注文くださり誠にありがとうございます。






最近のマリッジリングは昔に比べてとにかく自由になりましたね。
デザインや素材が男女全く異なっていても「同じ店」で「同じとき」に購入すればペアのマリッジリングになるんです。
それから昔はマリッジリングと言えばプラチナ製に限られていましたが、今ではお好みでk18イエローゴールド製のマリッジリングになさる方も増えています。
黄色人種の肌色にはプラチナカラーよりもk18イエローゴールド製の方が似合いますし、最近の日本製のk18はシャンパンゴールドのような薄い金色ですから、指にはめられていても肌に馴染んでプラチナ製より「しています!」という感じはしませんね。

ブライダルリングのお見積もり、ご相談は無料です。




posted by はぎ妻 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライダルリング

2016年08月22日

アクアマリンをK18製のカジュアルリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

今日ご紹介するのは、M.Kさまアクアマリンルースのリフォームですぴかぴか(新しい)

こちらがお持ち頂いた0.690ct(7mm×5mm)のアクアマリンのルースです。



* ビフォー *
RIMG0076.jpg



夏の宝石のイメージが強いアクアマリンですが、
こちらをカジュアルにオールシーズン身につけて頂けるように
k18イエローゴールド製のエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)




* アフター *
RIMG0228.jpg

メレダイヤは彫留めで落ち着いた印象ですが、
k18イエローゴールド製なのでシーズン関係なくカジュアルに身につけていただけそうです。


RIMG0233.jpg

RIMG0231.jpg


M.Kさま、この度は大切なアクアマリンを当店でリフォームして下さり誠にありがとうございます。











枠の金属を選ばれる際、「青い宝石だからプラチナが良い」という訳ではございません。
確かに普通に絵の具の色を合わせるように考えると金色(黄色)と青よりも銀色(灰色)と青の方がまとまっている感じがします。
でも、宝石は色だけではなく輝きや透明感がありますし、金属も光沢がございますから、あまり決めつけて合う色合いを考えられない方が良いかもしれません。
ゴールド系のジュエリーがお手持ちに多ければゴールドの枠になさったら良いですし、プラチナ系のジュエリーが多ければこれからお作り頂くのもプラチナになさる、という感じで良いと思います。
せっかくリフォームなさるのですから、ご自分が身につけやすい色合いの金属をチョイスなさってください。


ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。







posted by はぎ妻 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリーリフォーム

2016年08月19日

0.5ctUPダイヤモンドリングリフォーム&ダイヤV字リングリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

今日ご紹介するのは、I.MさまとI.Mさまのお母様がお持ちになられたダイヤモンドリングとダイヤモンドV字リングのリフォームですぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、0.575ctのダイヤモンドリングです。


* ビフォー *
RIMG0027.jpg



こちらをI.Mさま用にアームが少し太めでメレダイヤが彫留めのカッチリしたリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)



* アフター *
RIMG0209.jpg


RIMG0214.jpg



アームは太めですが、台座の高さは本当に低いので
全体の印象はすっきりしていてシャープで素敵ですぴかぴか(新しい)

RIMG0211.jpg








つぎに、お母様のエメラルドカットのダイヤが連なった古いV字リングです。


* ビフォー *
RIMG0030.jpg



こちらはダイヤを枠から外して新しい枠にセッティングしようと思っても、
このエメラルドカットのダイヤに合う枠が無いため、
指輪のアーム部分と台座の高い部分を切り取って台座をそのまま活かしたネックレスへ加工いたしましたぴかぴか(新しい)


* アフター *
RIMG0218.jpg


こんなV字ペンダント、どこかでお高いお値段で販売されていそうな感じですね。
素敵ですぴかぴか(新しい)



I.Mさま、I.Mさまのお母様、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。












ダイヤモンドリングも昔は立爪(三角爪)だったり、エタニティリングも昔は一文字リングだったりしましたね。
変わったのは名称だけではありません。昔は爪が大きくて台座の高さが高い物が一般的でした。ダイヤをより大きく見せる為の演出だったのでしょう。
今は爪も小さくなり、台座の高さもダイヤモンドの厚み程度まで低い物が主流です。
また加工技術も高度になって、より繊細な加工でダイヤが美しく見えるようになってきているんです。
ジュエリーデザインも年ごとに進化してますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。





posted by はぎ妻 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリーリフォーム

2016年08月18日

大分からのジュエリーリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

夏休みも終わり、一昨日から営業しておりますが、雑務?やメールのお返事等に追われてブログ更新できず
ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

休み明けの第一回目は、大分からご依頼頂きましたA.Kさまジュエリーリフォーム数点をご紹介いたしますぴかぴか(新しい)


一番最初はダイヤモンドリングのリフォームからご紹介しますね。
1.172ctの1点留めダイヤモンドペンダントネックレスです。

* ビフォー *
RIMG0006.jpg


1点留めのネックレスもちょっとブーム過ぎましたし、
1ctUPのダイヤモンドペンダントってダイヤが大きいためカジュアルなお洋服に合わせにくいので身につけにくそうですねあせあせ(飛び散る汗)

こちらをpt900製でメレダイヤが少し大きめのエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


* アフター *
RIMG0168.jpg


やっぱりダイヤモンドは大粒であるほど、リングの方がお洋服を選びませんね。
こんな素敵なリングを身につけていたらお出かけのときにテンション上がりますねグッド(上向き矢印)

RIMG0171.jpg

RIMG0172.jpg











次に、
こちらも大変大粒の古いサファイアリングです。
サファイアは2.69ct(7mm×10mm)ございます。

サファイアはきれいなのですが、昔の色石のリングデザインって台座の高さもあるし、
なんかゴージャス過ぎますから身につけにくそうですねあせあせ(飛び散る汗)


* ビフォー *
RIMG0129.jpg



こちらをカジュアルにもフォーマルにも身につけやすいように
プラチナ製の枠にオーバルのサファイアを横置きにした華奢なエタニティ風リングへリフォームいたしました。


* アフター *
RIMG0116.jpg


すっきりして可愛らしい印象に生まれ変わりましたね黒ハート

こちらのメレダイヤは彫留めです。

RIMG0125.jpg

RIMG0122.jpg











そしてこちらの太めのルビーリングです。
センターのルビー0.60ct(4mm×5mm)をリフォームなさることになりました。

* ビフォー *
RIMG0123.jpg



こちらもルビーを横置きにしてk18イエローゴールド製のエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


* アフター *
RIMG0131.jpg


ルビーの赤がイエローゴールド製の枠ですとカジュアルで可愛らしい印象が増しますねぴかぴか(新しい)
こちらのメレダイヤは共爪ですのでメレダイヤが大きくきれいに見えるのが特徴です。


RIMG0132.jpg

RIMG0134.jpg






そして、同じルビーリングのメレダイヤ直径2mm×13ピース トータル0.48ctを
k18イエローゴールド製のハーフエタニティリングへリフォームされましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0149.jpg





そして最後に、
センターにブルーダイヤが連なっているパヴェリングです。

* ビフォー *
RIMG0126.jpg


1.9mmのブルーダイヤ11ピース トータル0.35ctをシンプルなハーフエタニティリングへリフォームいたしました。


* アフター *
RIMG0140.jpg



ブルーダイヤの青とイエローゴールドの金がとっても合っていて個性的でもありながら可愛らしいですねぴかぴか(新しい)






A.Kさま、この度は大切なジュエリーをたくさん当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。













ジュエリーリフォームのビフォーアフターをご覧になって、ご自分がお持ちのジュエリーが「ビフォー」の方に近いデザインでしたら是非貴女のジュエリーもリフォームをご検討くださいませ。
古いデザインの物でも気に入っていらして今でもよく身につけられるのでしたら、それはリフォームされる必要は無いですが、昔はよく身につけていたのに最近では何となく身につけられなくなってしまったのはデザインが古くなっている証拠なんです。
ジュエリーは装飾品です。いくら高価な物でも身につけなければ何の価値もありません。

ジュエリーリフォームのご相談D,お見積もりは無料です。







posted by はぎ妻 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリーリフォーム

2016年08月12日

プリンセスカットのダイヤモンドをメレダイヤ取巻きリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん

明日13日(土)〜15日(月)まで夏期休暇とさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。



さて、今日ご紹介するのは、当店で何度かジュエリーリフォームして下さった事のあるN.Yさまダイヤモンドリフォームですぴかぴか(新しい)

お持ち頂いたのは、こちらのゴージャスなリングです。
真ん中にはプリンセスカットのダイヤがグラデーションでセッティングされております。


* ビフォー *
RIMG0031.jpg




一番右端のプリンセスカットのダイヤモンド0.24ct(3mm×4mm)を
メレダイヤで取巻いたとってもかわいいリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


* アフター *
RIMG0088.jpg


数週間前にこちらと同じリングデザインでエメラルドのリフォームをご紹介いたしましたが、
プリンセスカットのダイヤモンドですとオトナかわいい黒ハート仕上がりになりますね。


RIMG0100.jpg

RIMG0098.jpg




N.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。










ダイヤモンドのカットは一般的に上から見ると丸いラウンドブリリアントカットという58面体からなるものが多いですね。
ですがダイヤモンドのカットはその他にも実はいろいろあって、今日ご紹介したスクエアのプリンセスカットをはじめ、エメラルドカットやマーキスカット、ペアシェイプカット等いろいろあるんですよ。
一番ダイヤモンドらしいフォルムと輝きはラウンドブリリアントカットですが、同じダイヤモンドでもカットによってフォルムや輝き方や変わってくるのが不思議です。
リフォームなさる際には、それぞれのカットを活かせるようなリングデザインを選びたいですね。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。






posted by はぎ妻 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリーリフォーム