はぎ妻でするんるん
今日は当店でリフォームして下さったお客様のお母様K.Yさまよりご依頼頂きました翡翠リングのリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

お持ちになられたのは、1.11ct(7mm×5mm)の古い翡翠リングです。

* ビフォー *
RIMG022.jpg

台座の高さが高くて身につけにくいとのご相談でした。
こちらを普段でもカジュアルに身につけやすいようオーバルの翡翠を横置きにしたPt900製のエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0088.jpg

メレダイヤは彫留めでセッティングされておりますので落ち着いた印象なのでK.Yさまにも気軽に身につけていただけそうですね。

RIMG0093.jpg

RIMG0091.jpg

K.Yさま、この度は大切な翡翠を当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
オーバル(楕円形)の宝石の指輪では縦置きのリングデザインが多いですが、オーバルがお指に対して縦になると、指がきれいに長く見えますが、一方、何故かフォーマルなフォルムに見えるのでデザインにもよりますが普段使いがしにくいのです。
オーバルの宝石がお指に対して横置きですと、何故かかわいらしくカジュアルな感じがしますので多くのお客様からも「横置きのリングデザインにして普段使いしやすくなった!」と喜んでいただいております。
縦置きのリングデザインでも決して身につけにくい物ばかりではないので、そのあたりはご自身のお好みでデザインを決定されるのがよろしいかと思いますよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ