はぎ妻でするんるん

今日ご紹介するのは、お友達のご紹介で3名様でご来店頂きました中のお一人で、
I.Rさまよりご依頼頂きましたブラックオパールとダイヤモンドのリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、
0.94ctのブラックオパールのリングです。

* ビフォー *
RIMG0009.jpg

せっかくきれいなブラックオパールですが、
ちょっとデザインがゴージャス過ぎて身につけにくいとかあせあせ(飛び散る汗)

こちらをK18イエローゴールド製でブラックオパールを横置きにしたエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0198.jpg

ブラックオパールがゴールドの枠に映えますね。
よりカジュアルに、より美しいリングに生まれ変わりましたぴかぴか(新しい)

RIMG0202.jpg

RIMG0205.jpg
つぎに、
0.565ctの古いダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0011.jpg

こちらをPt900製の4点留めミル打ちアンティーク風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0206.jpg

RIMG0211.jpg

RIMG0212.jpg

I.Rさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
「指輪が似合わない」と、せっかくジュエリーをお持ちなのにずっと身につけていらっしゃらない方多くおられます。
私が拝見した限り、そうおっしゃるお客様の手は決して指輪がお似合いにならない手の形ではありませんでした。
ほとんど全ての方が「指輪が似合わない」と勝手に思い込まれていらっしゃるだけのようです。
またもしご自身の手にコンプレックスをお持ちのために指輪を身につけられないのでしたら、それもとんでもない間違いです。
きれいな手の方は指輪をなさらないでもきれいな手なのです。もしご自身の手になにかしらのコンプレックスをお持ちの方こそ是非きれいな指輪をなさってください。他の方の目が手よりもきれいな指輪に行きますし、指輪にをすることによってご自身の手もきれいに見える効果があるんですよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ