はぎ妻でするんるん

今日ご紹介するのは、K.Mさまよりお持ち頂きましたダイヤモンドリングのリフォームです。

K.M様はこの度ご婚約なさり、その際にご家族からこちらの0.60ctのダイヤモンドリングを譲り受けられました。

* ビフォー *
RIMG0098.jpg

こちらをエンゲージリングへリフォームなさりたいとのご相談でした。

最近では華奢めのフォルムのかわいいエンゲージリングのデザインがたくさんございますので、
本来はそういったラインをおすすめさしあげるのですが、
K.M様
太いがっちりしたフォルム
のかっこいい感じのアクセサリーが本来お好きだそうで、
そういうリングが良いと最初から具体的なイメージをしっかりお持ちでいらっしゃいました。
太めのアームでダイヤが埋め込まれているようなデザインですと
ダイヤに光が入りにくくダイヤ本来の輝きが落ちますし、
0.6ctもあるとアームが太いとメンズリングのようなフォルムにもなるため、
当店ではおすすめしないラインですし、
仕上がった後にお客様のイメージとかなり異なる可能性が高いのですが、
K.M様はそういったことも重々承知されていて、その上でご自分のスタイルをはっきりお持ちでしたので
安心してこちらのリングへリフォームさせて頂きましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0272.jpg

RIMG0280.jpg

RIMG0277.jpg

K.M様、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございました。
ジュエリーリフォームの際に、ジュエリーショップやジュエリーブランドのサイトの写真しかご覧になっていらっしゃらなくて、仕上がりのイメージが違うものを想像されていらっしゃるお客様が時々おられます。
同じデザインでも宝石の大きさが変わるとアーム幅も変わってまいりますし、全体の印象もまるで違ってまいります。
もしリフォームのご依頼までにお時間がおありでしたら、デパートのブランドジュエリーショップやいろいろなジュエリーショップを回ってみてご自分がお持ちの宝石と同じぐらいの大きさで仕上がっている素敵なデザインのジュエリーを実際にご覧になってみられるのをお勧めいたします。
ウェブでご覧になっていた写真のリングが、実際にはご自分のダイヤの半分ぐらいの大きさだったから可愛いデザインに見えただけで、ご自分のダイヤの大きさで同じデザインだとイメージが全く違った!!ということがよくあるんですよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。