はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、K.Mさまがお持ちになられた2つのダイヤモンドリングですのリフォームですぴかぴか(新しい)
K.Mさまはご家族の方からダイヤモンドリングを譲り受けられましたが、デザインも古くて身につけにくいというご相談でした。

★ ビフォー ★
RIMG0029.jpg



左側の1粒ダイヤは0.236ctございます。
そして右側の4ピースのダイヤはトータルで0.3ctございますぴかぴか(新しい)
K.Mさまは、

こちらの5ピースを1つのリングにしてほしい
とのご希望でした。
通常でしたら、あまりこういう2つを1つにリフォームというのはお勧めしないんですが、
大きさ的にそれほど大差なかったこともあり、
5ピースのハーフエタニティリングの枠の台座を少し改作して真ん中に0.23ctのダイヤが来るようにセッティングいたしましたぴかぴか(新しい)

★ アフター ★
RIMG0117.jpg



横から見るとこんな感じで高さはないです。

RIMG0118.jpg

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます!


お母様やおばあさまからジュエリーを譲り受けられた場合、ほとんどが昔の古いデザインのためにあまり嬉しくない…と若い世代の方は思われるみたいですね。
もしご自分のダイヤモンド等のジュエリーをお嬢様やお嫁さんに譲られる場合は、是非「あなたの好きなデザインにリフォームして使ってね」と一言添えてさしあげてください。
大切なのはリング枠等ではなくダイヤモンド等の宝石です。
せっかく心を込めて譲られても古いデザインのままではお若い世代の方は決して身につけてくれませんし、「なんでこんなものくれたの?」と恨めしく思われかねませんよ。
ジュエリーのデザインはお洋服と同じで流行があるんです。
価値のある宝石を気に入ったデザインで使ってもらった方が嬉しくないですか?
古い指輪枠の金やプラチナ部分は目の前で計量し下取りさせて頂き、リフォーム代金から差し引かせて頂きます。
お見積もり、ご相談は無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ