はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、H.Eさまがご家族の方から譲り受けられたダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)

こちらがお持ち頂いた0.409ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0033.jpg

最初は古い立爪のダイヤモンドリングでしたが、
譲り受けられたときに鑑定書がなかったので最近再鑑定に出されたそうで、
ルースの状態でしたからリング型のピンセットでつまんでの撮影ですカメラ

こちらをシンプルでスタイリッシュなカッチリ系のリングへリフォームされましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0040.jpg

H.Eさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。
ダイヤモンド自体はこの地上で一番硬い鉱物ですから、傷ついたり劣化したりすることはありません。ダイヤモンドの石言葉「永遠の愛」の通り、ご購入なさった当時の輝きが永遠に続きます。

でも最近、なんとなく以前より輝きが落ちたような気がするというのは、ダイヤモンドの裏側に汗やお化粧品がうっすらついているだけで超音波でクリーニングしてあげればすぐに元通りになります。
ですが、指輪枠のデザインは20年も経つと残念ながら流行遅れで身につけにくくなってしまいます。
昔の身につけにくい古いデザインのダイヤモンドリングは身につけやすいデザインにリフォームして普段のおしゃれにどんどん身につけてください。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ