はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、N.Hさまがお持ちになられた0.57ctのダイヤモンドリフォームですぴかぴか(新しい)

* ビフォー *
RIMG0065.jpg

昔の身につけにくい立爪リングですが、
こちらを今一番人気のメレダイヤが取巻いている素敵なキラキラリングへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0040.jpg

こちらのリング枠は2つのメーカーのものからほぼ同じデザインの物をお選び頂いております黒ハート
前から見るとあまり違いはわからないのですが、
横のフォルムに違いがあります。

RIMG0042.jpg

それぞれに良さがあるので、どちらをお選び頂くかはご本人様次第ですねぴかぴか(新しい)

N.Hさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ジュエリーにも流行があるというお話は度々させていただいておりますが、ブログのビフォー写真のような「立爪」のリングも20〜30年前には「ダイヤが最もきれいに見える指輪枠」とされ、ダイヤモンドリングのデザインの主流でした。確かに昔はダイヤモンドが一番きれいに見えるデザインだったかもしれませんが、そのかわり爪が大きく尖っているし台座の高さもダイヤモンドの厚みの数倍はあり、大変身につけにくいものでした。
今主流のダイヤモンドリングのデザインのほとんどは台座の高さが低い物です。低いからといってもダイヤモンドがきれいにみえないわけではありません。むしろ、昔よりも枠等の加工技術が遥かに向上しているので、ダイヤモンドにたくさん光が入るように設計されている上に、デザインもより細かい細工が施されおしゃれに可愛らしくカジュアルに身につけられるようになりました。
昔は立爪リングしかデザインを選ぶ事ができなかったのに、今はいろんな可愛らしいリングデザインから自由に選べるようになって幸せですね。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ

コメントをどうぞ