はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、M.Mさまがお持ちになられたダイヤと白蝶真珠、2点のジュエリーリフォームですぴかぴか(新しい)

まず最初にご紹介するのは、
12.5mmUPの古い白蝶真珠リングです。

* ビフォー *
RIMG0154.jpg

写真では真珠のサイドに4本爪が広がっていますがあせあせ(飛び散る汗)
元々はかしめられていて真珠をガードしておりました。
真珠をお外ししてしまった後に撮影したので、こんなにわかりにくいお写真で失礼いたしましたたらーっ(汗)
さて、こういった大粒の白蝶真珠は爪等大きかったりするとさらにゴツゴツした重たい印象になります為、大変身につけにくそうですねあせあせ(飛び散る汗)
こちらを華奢なエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0083.jpg

真珠が大きすぎてリングデザインがわかりにくいので、
サイドからの写真もご覧くださいませ。

RIMG0089.jpg

直径1mmのメレダイヤが共爪(ともづめ)でセッティングされておりますので大変華奢なフォルムでありながら
キラキラとメレダイヤが上品に光る高級感のある洗練された真珠リングとなりましたねぴかぴか(新しい)
次に、
古い立爪の0.70ctダイヤモンドリングです。
* ビフォー *
RIMG0148.jpg

こちらを今一番人気のメレダイヤが取巻いたキラキラリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0108.jpg

M.Mさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
古いジュエリーをリフォームなさるご相談のときにアーム幅等をよく、「細すぎませんか?」とご心配なさる方がおられます。
最近では華奢なフォルムのジュエリーデザインが人気なので、全体的にフォルムが華奢な傾向がございます。
ですが、「華奢」と「細い(ちゃちな)」とは全く違うのです。
当店でお作りする新しいジュエリーデザインは、華奢なフォルムのジュエリーでも厚みがあったりと構造的には大変しっかりしたものばかりです。また、リングのアーム部分にメレダイヤが連なっている事によって、太い金属だけのリングアームのデザインよりもキラキラしているので「存在感」が全く異なります。
もちろん、華奢なデザインのものはお好きではないお客様でも今風のアームにボリューム感があるリングもございますのでご安心くださいませ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ