はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、滋賀県からわざわざご来店いただきましたO.Mさまのダイヤモンドリングリフォームです。
お持ち頂いたのは、こちらの0.451ctの立爪のダイヤモンドリングですぴかぴか(新しい)

* ビフォー *
RIMG0045.jpg

もうこういう昔の立爪(三角爪)のダイヤモンドリングを身につけておられる方は全くお見受けしなくなりましたねあせあせ(飛び散る汗)
爪が大きいし台座の高さもものすごく高くて身につけにくくてカジュアルなお洋服にも悲しい程似合わないからなんです。。。
こちらをシンプルですがスタイリッシュなカッチリ系のリングにリフォームされましたexclamation

* アフター *
RIMG0163.jpg

こちらのリングデザイン、カジュアルなジーンズ等にもとてもよく似合いますし、
もちろんフォーマルなシーンでもすっきり洗練されたリングとして輝きますぴかぴか(新しい)

O.Mさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
リフォームのビフォー写真のような立爪ダイヤモンドリングを身につけていらっしゃる方は現在ではほとんどお見かけしなくなりました。
ですが30年程前までのご婚約指輪用のダイヤモンドリングのほとんどが、こちらの立爪ダイヤモンドリングのリングデザインだったのです。
当店には多くの立爪ダイヤモンドリング等の身につけにくいリングデザインのものをリフォームされたいとのご相談にお越しのお客様が来られ、新しいデザインへリフォームされますが、多くの方はリフォームしようなんて思いつきもせず、大切なダイヤモンドリングをタンスの中に仕舞いっぱなしなのでは無いでしょうか?
ダイヤモンドは身につけてこそ価値のあるものです。
是非、タンスの肥やしなんかになさらず、一度リフォームをご検討なさってみてはいかがでしょうか?
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ

コメントをどうぞ