はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前にも当店でジュエリーリフォームしてくださいましたY.Yさまの古いデザインのご婚約指輪のリフォームです。
Y.Yさまがお持ちになられたのは、1.84ctの大粒なのに大変グレードの高いダイヤモンドリングですぴかぴか(新しい)

* ビフォー *
RIMG0167.jpg

ちょっと写真をご覧になられただけでもカットグレードの良さ、クラリティの高さ、カラーグレードの良さなどがおわかり頂けるかと思います黒ハート

1ct以下のダイヤモンドでしたら、このぐらいグレードの高いお品も珍しくないのですが、
1ctを超えるととたんにちょっとクラリティが低かったり、カラーが甘かったり等の欠点があるのが普通なんですたらーっ(汗)
グレードがそれほど高くなくても1ctを超えると品数も少なくなりお値段はたちまちお高くなるので、
こちらのY.Yさまのダイヤモンドの希少性は高いものと申し上げられるでしょうぴかぴか(新しい)

こんなに素晴らしいご婚約指輪をお持ちでいらっしゃるのに、
立爪のリング枠のせいで、身につけにくくほとんど身につけられた事が無いとかあせあせ(飛び散る汗)
こちらをおしゃれで素敵なY.Yさまにお似合いになるよう、
大きめのメレダイヤバージョンのエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0131.jpg

RIMG0149.jpg

メレダイヤも大きめなので、素晴らしいセンターのダイヤを十分引き立ててくれていますねぴかぴか(新しい)
Y.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございました。
リフォーム代金は宝石の大きさによって異なります。ダイヤモンドだからとか、アメジストだからとか、宝石自体の価格とは全く関係がございません。
単純に、宝石が大きければ新しい枠に使用する金属の量も多いですし、使用するメレダイヤも大きく(多く)なります。
ですから、0.3ctのダイヤモンドリングをリフォームするよりも、場面の大きな色石をリフォームなさる方がリフォーム代金がお高くなってしまうことがほとんどです。
その代わり、大きな色石の古い指輪枠は金属が多く使われているので下取り金額もお高くなることがあります。
当店ではリフォーム代金から下取り金額を差し引いた金額がご請求金額となります。
古い枠以外にもその他、ご不要のネックレスチェーン等の金プラチナ製品もご一緒に下取り可能です。

【リフォーム金額】ー【下取り金額】=【ご請求金額】



ジュエリーリフォーム、下取り金額のお見積もり、ご相談は無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ

コメントをどうぞ