はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、W.Sさまダイヤモンドリング等の2点のリフォームですぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、
こちらの1.28ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0070.jpg

1ctUPで十分すぎるほど大粒のダイヤモンドですが、
周りのテーパーダイヤモンドの取り巻きがちょっとゴージャスすぎて残念ながら古い印象となっており身につけにくそうですねあせあせ(飛び散る汗)
またW.Sさまはメインのダイヤモンドにある赤茶色のインクルージョン(内包物)が目立つ事を大変気にされておられました。
確かに、こうやって写真をアップに写したりするとインクルージョンがわかりますが、
実査には気になさる程目立つものではございません。
1ctもの大きさのダイヤになると多少のインクルージョンはあっても不思議はありませんし、
やはり大粒になるとお値段も本当にお高く価値のあるものですぴかぴか(新しい)

こちらを同じくk18イエローゴールド製で
流行のメレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0277.jpg

横から見るとこんな感じで高さもありません。

RIMG0285.jpg

新しい枠にセッティングする前にダイヤモンドはクリーニングさせて頂きましたので、
実際にはとってもキラキラ光ってインクルージョンも全く目立たなくなりました。
そして次に、
こちらのダイヤがたくさん連なったテニスネックレスです。
一時大流行しましたね。

* ビフォー *
RIMG0073.jpg

こちらのネックレスからダイヤモンドを9ピースだけ取り出して、
K18イエローゴールド製 ガードル巻きダイヤステーションネックレスにリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0291.jpg

ダイヤ9ピースでトータル1.52ctございましたぴかぴか(新しい)
80cmのロングネックレスとなっております。(写真は二重巻きにしてます)

RIMG0294.jpg

W.Sさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
一般的にダイヤモンドのカラーグレードが甘め(低め)なものはK18イエローゴールド製になさると色味がしっくりいくと言われております。
ただ、お持ちのダイヤモンドのカラーグレードがDカラーやEカラー等大変高い場合に「K18にするとダイヤがきれいに見えなくなるのでは?」とご心配される方もおられます。
一般的な日本の宝飾店では「良いダイヤモンドはプラチナで!」と判で押したようにおっしゃられるので、みなさまの中にもまだそれを信じられていらっしゃる方も少なからずおられるようです。
リフォームなさる金属素材をお決めになられる際に一番重要なのはご自分がホワイト系の金属がお好きか、ゴールド系の金属がおすきか?です。他のジュエリーやネックレスがK18イエローゴールド製でしたら、ダイヤモンドリングをリフォームなさるときもK18イエローゴールド製になさったら良いのです。ゴールドだからってフォーマルなお席で失礼な事は全くありませんし、ゴールドの方がカジュアルなお洒落を楽しめる方も多いのではないでしょうか?
ダイヤモンドも品質の良いものはK18イエローゴールド製にしても輝きが落ちる事はございません。
美人はどんなお洋服を着ていても「美人」なのですから^^
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ

コメントをどうぞ