はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前にも当店でジュエリーリフォームしてくださったことのあるO.Yさまからの再びのご依頼ですぴかぴか(新しい)
O.Yさまが今回お持ちになられたのは、お母様のダイヤモンドリングとルースですぴかぴか(新しい)
お母様は最近ジュエリーを身に着けられなくなったそうなのですが、
以前にO.Yさまが当店でリフォームなさったジュエリーをご覧になり「素敵黒ハート」と思われて
デザインはO.Yさまにお任せされご自分のダイヤモンドもリフォームしてほしいと託されたとの事でした。
お持ち頂いたのは、
お母様の0.21ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0056.jpg

こちらを東洋人の女性には肌なじみの良いK18イエローゴールド製で
ミル打ちアンティーク風のリングへリフォーム致しました。

* アフター *
RIMG0015.jpg

RIMG0018.jpg
つぎに、ビフォー写真が見当たらないのですが、あせあせ(飛び散る汗)
こちらはルースでお持ち頂いた0.10ctのダイヤモンドを
同じくK18イエローゴールド製のペンダントネックレスにリフォーム致しました。

* リフォーム アフター *
RIMG0045.jpg

つぎに、こちらもO.Yさまがお母様から譲り受けられたお品だったかと存じますが、
0.65ct(6mm×4mm)のサファイアリングですぴかぴか(新しい)
こちらはO.Yさまご自身の為のリフォームです。

* ビフォー *
RIMG0053.jpg

こちらをk18イエローゴールド製でサファイアを横置きにした華奢なエタニティ風リングにリフォーム致しました。

* アフター *
RIMG0027.jpg

メレダイヤは共爪(ともづめ)でセッティングされています。

RIMG0035.jpg

仕上がりをお渡しすると、
O.Yさまのお母様にもO.Yさまご自身にも大変お喜び頂けました。

O.Yさま、この度も大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいましてまことにありがとうございます。
お若いときにはたくさんジュエリーを身につけられていらした女性も、少しお年を召されるようになると「もう似合わなくなったから」とか「私はジュエリーを卒業した」等とおっしゃって身につけられなくなってしまった方を時々お見受けする事があります。
ジュエリーはお若い方のものではありません。
10台、20代の女性はお化粧されなくてもお肌がきれいですし、ジュエリーなんて身につけなくても十分美しいのです。
それがだんだん年を重ねるたびにお肌の状態が気になったり、昔程容姿に自信が持てなくなってくる方がほとんどではないでしょうか?そんな女性の強い味方が「ジュエリー」なのです。
ジュエリーを身につけることによってお肌もきれいに見えますし、何より何も身につけていないよりもジュエリーを身につけておられる方がずっと若々しく美しく見えるのです。
私の個人的感想ですが、ジュエリーが本当にお似合いになるのは70代からだと思います。
以前、電車の中で70代ぐらいの女性が大振りの色石リングと白蝶真珠ネックレスを身につけて座っておられるのを拝見して「なんて素敵なんだろう!」と感嘆した事がございます。
女性にとってジュエリーに卒業はありません。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ

コメントをどうぞ