はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、埼玉県からご帰省時にご来店頂きましたOさまダイヤモンドリフォームをご紹介致しますぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、
こちらの0.567ctの1粒ダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0049.jpg

写真で見てもおわかりいただけるかと思いますが、
特徴的なカットで大変きれいなダイヤモンドですね。
ですがやはりこういうシンプルすぎるダイヤモンドリングはフォーマルなお席でしか身につけにくいので、
フォーマルでもカジュアルでも両方素敵に身につけられる
メレダイヤ取巻きリングをK18イエローゴールド製でリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0013.jpg

RIMG0008.jpg
次に、両方それぞれ0.3ctUPのダイヤモンドピアスです。

* ビフォー *
RIMG0055.jpg

こちらもK18イエローゴールド製の覆輪留めスタッドピアスにリフォーム致しました。

* アフター *
RIMG0029.jpg
最後にこちらの15ピースでトータル1ctUPの古いダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0060.jpg

まずは、こちらを7ピース使用してトータル0.497ctのk18イエローゴールド製4点留めハーフエタニティリングへリフォーム致しましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0017.jpg

RIMG0022.jpg

そして、5ピースを使用してk18ガードル巻きステーションネックレスにリフォーム致しましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0026.jpg

15ピース全てお使い差し上げたかったのですが、残念ながら3ピース余ってしまいお返し差し上げました。
また何かのときにお使い頂けましたら幸いです黒ハート

Oさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
最近の当店のリフォームなさる傾向としましてはK18イエローゴールド製へのリフォームが多くなっています。
ただ、全ての方というわけではなく、相変わらずホワイトカラーの地金(プラチナ、ホワイトゴールド)も根強い人気がございます。また、金かホワイトカラーか、どちらか一方になさる方と、2種類のお色の金属を使い分けて身につけられるので「金のネックレスは持っているから、プラチナのネックレスで」等の決め方をなさる方もおられます。
どちらのお色味になさるかでジュエリーの印象も、またそのジュエリーを身につけられる方の印象もだいぶ変わってまいりますのでじっくりお好みでお決めになってください。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ