はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前に当店でダイヤモンドのご婚約指輪をリフォームして下さったお客様の妹様Y.Yさまダイヤモンドリングリフォームですぴかぴか(新しい)
こちらがお持ちくださったご自分のご婚約指輪0.32ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0137.jpg

立爪のダイヤモンドリングは最近では全く身につけられずにしまっておられたそうです。
お姉様が当店でご婚約指輪のダイヤモンドリングをリフォームされて、
そちらをご覧になったら大変きれいに生まれ変わっていたので
私もexclamation
と、思い立たれたそうですわーい(嬉しい顔)
お姉様と同じリングデザインでも良かったのですが、
やはりご自分らしい違うデザインが良いという事で、
今一番流行のメレダイヤ取り巻きリングへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0196.jpg

RIMG0199.jpg

RIMG0202.jpg

メレダイヤで取巻いたこちらのリングは実際よりもダイヤモンドが大きく見えるのに、
カジュアルで可愛らしい印象ですから
普段のお出かけのときにおしゃれに身につけられそうですね。

Y.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございました。
ご婚約指輪は昔から「1粒ダイヤモンドリング」になさる方が多いですね。
1粒ダイヤモンドリングはご婚約時代は良いのですが、ご結婚後にお友達とのランチやショッピング等のカジュアルなお出かけのときに身につけて行くには、ちょっと仰々しい感じですしカジュアルなお洋服にもちょっと合わないので、お子様のご入園式等のフォーマルな公式行事等のときにしか身につけなくなるようですね。
それは昔の爪の大きな立爪(三角爪)だけではなく、爪が小さくて台座が低いリングでも同じ事が言えます。
当店でリフォームなさりたいとのご希望のお客様は立爪だけではなく、台座の低い1粒ダイヤモンドリングをお持ちになられるお客様が大勢おられます。
メレダイヤがたくさんついていると仰々しくて普段使いしにくいのでは?と思われると思うのですが、実はそうではないんです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ