はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前にも当店でジュエリーリフォームをしてくださいました東京ご在住のS.Tさまより再度ご依頼頂いたリフォームですぴかぴか(新しい)
この度お送り頂いたのは、
こちらの0.25ctの1粒ダイヤモンドリングです。
こちらのダイヤモンドは以前、指輪にセッティングされていた品質の高いダイヤモンドだそうですが、
やはりペンダントよりも指輪の方がご自分の目で見て楽しめるので再び指輪にリフォームなさりたいとのご相談でした。

* ビフォー *
RIMG0184.jpg

そこで、
以前から気になられておられたメレダイヤ取巻きリングのK18イエローゴールド製でリフォームなさいました。

* アフター *
RIMG0063.jpg

RIMG0068.jpg

メインのダイヤモンドが取り巻きのメレダイヤのおかげで大きく見えますが、
全体のフォルムが華奢なのでスッキリと可愛らしいリングに生まれ変わりましたぴかぴか(新しい)

S.Tさま、この度も大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ダイヤモンドの品質はいろいろあって、通常ペンダントに使用しているダイヤモンドは指輪に使用しているダイヤモンドよりもグレードが低めのものが多いです。やはりペンダントネックレスは胸元にあるので、ご自分では身につけたまま見られませんし、ミルとしても鏡越しになってしまいます。他の方がペンダントネックレスをご覧になるにしても胸元に身につけている物に顔を近づけてご覧になるという事はあまり考えられないためにそれほどグレードが高くない物を使用しているのでしょう。
ですが、「指輪に使用しているものと比べて」ということですので、一概に品質が低いということではありません。
私が昔購入したダイヤモンドペンダントネックレスのダイヤも最近見てみたら結構きれいだったので指輪にリフォームしてみようかと思案中です(笑)
ですが、グレードが高めのダイヤでしたらどんなデザインになさってもきれいなことには違いございません。
せっかくですのでグレードの高いダイヤモンドは是非リングになさってみてはいかがでしょう。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ