はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、
先日当店でオパールリングをリフォームしてくださったN.Sさまが再びお嬢様とお二人でご来店頂き
お嬢様にご家族のご遺品であるダイヤモンドをリフォームなさりプレゼントなさりたいとのご相談でした。
お持ち頂いたのは、お嬢様にとってはおばあさまの0.28ctの古いダイヤモンドリングですぴかぴか(新しい)

* ビフォー *
RIMG0088.jpg

こちらを今流行のメレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0231.jpg

RIMG0232.jpg

お嬢様に仕上がりも大変気に入って頂けたのですが、
天国のおばあさまのダイヤモンドを身につけられたら「お守り」になりますよ、
とお話しさし上げると喜んで頂けました黒ハート
ほんとですよ!
このダイヤを身につけてたら、おばあちゃんがきっと守ってくださいますよ。
おばあちゃん、きれいなお守りをありがとうexclamationですよねわーい(嬉しい顔)

N.Sさま、この度も大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
世の中の物質の中で「宝石」が一番人の思念がこもると言われています。
身につけていた方が天国に行かれても、思いは宝石の中にそのまま残っています。
ですから、元の持ち主がわからないような中古品のジュエリーはもしかしたら悪い思念がこもっているかもしれませんので、どんなにお安くてもご購入される事はお勧めいたしません。
ただし、ご家族の方が身につけられていたご遺品のジュエリーは、是非身につけてあげてください。
ご家族の幸せを願わない方はおられないですから、きっと身につけていれば協力なお守りになる事間違い無しです。
残念ながらデザインが古くて身につけにくいときには、新しいデザインにリフォームして身につけましょう。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ