はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前にも当店でジュエリーリフォームしてくださいましたF.Mさまのダイヤモンドリングリフォームですぴかぴか(新しい)

F.Mさまお義母様がなさっていた大粒のダイヤモンドリングを譲り受けられたそうなのです。
ですが、デザインがでちょっとフォーマルで身につけにくいためリフォームの相談にご来店いただきました。
こちらがお持ち頂いた0.85ctのダイヤモンドリングですぴかぴか(新しい)

* ビフォー *
RIMG020.jpg

こちらをカジュアルに身につけられたいとのご希望で、
k18イエローゴールド製の6点留めエタニティ風リングへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0206.jpg

RIMG0200.jpg

RIMG0202.jpg

こちらだったら大きなダイヤモンドでもファッションリング的に気軽に身につけられますね。

F.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
K18イエローゴールド製に対して派手なイメージをお持ちの方も少なからずおられるようですが、
私たち日本人(東洋人)には最も似合う金属の色味だと思います。
その理由は、主に東洋人のお肌は黄色い色素を含んでおりますから、ゴールドとの相性がよくて肌馴染みが良いのです。
また、最近の日本製のK18イエローゴールドは、金色が控えめの色味に精製されているために派手なイメージがありません。
むしろ「してます感」があるのは、プラチナ等のホワイトカラー系の金属です。
どちらの金属をチョイスされるかはお客様のお好みやお持ちの他のジュエリーによりますが、
もしカジュアルに普段使いで楽しみたいとお考えでしたら是非一度、最近のK18イエローゴールド製を試してみて下さい。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ