はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、Kさまよりお持ち頂きましたダイヤモンドリングリフォームですぴかぴか(新しい)

Kさまはこの度ご婚約なさる事になり、お母様が使われていたダイヤモンドリングをエンゲージリングにリフォームなさりたいとのご相談でした黒ハート
お持ち頂いたのは、こちらの0.33ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0020.jpg

こちらをK18イエローゴールド製で、年齢問わず大人気のミル打ちアンティーク風リングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0297.jpg

両サイドのミル打ちは、
職人が1つ1つ手打ちで打っております。
一見おとなしめの印象ですが、アンティーク感と女性らしさ&かわいさが一杯の素敵なリングに生まれ変わりました。

RIMG0300.jpg

Kさま、この度は大切な記念のお品へのリフォームを当店へご依頼頂き誠にありがとうございます。
当店ではご自分のお嬢様やご子息様がご結婚なさるときに、ご自分の身につけていらっしゃらない立爪のダイヤモンドリングを差し上げるお母様がよくおられますが、お嬢様(お嫁さん)がお好きなデザインのリングにリフォームなさったのをご覧になって「失敗した!あげなきゃよかった!」と後悔なさるかたもおられるようです。
だって、こんなに素敵できれいなリングに生まれ変わるなんて、あのトゲトゲした立爪リングからは想像がつかないんですものね。
それでも、差し上げた次の世代の方が喜んでいらっしゃるをご覧になると嬉しい気持ちの方が勝られるようです。
ですが、身につけられない古いデザインのダイヤモンドリングをお持ちで、次の世代に渡そうかどうしようかと悩まれていらっしゃるのでしたら、是非ご自分の為にリフォームなさって下さい。
次の世代に無理に渡さなくてもいつか天国へ逝ってしまったら、必然的に次の世代の方のものになるのですから。
その時まで何十年もあります。思う存分ご自分のダイヤモンドをいとおしんであげてください。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ