はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、T.Mさまよりお持ち頂いた0.644ctのダイヤモンドリングリフォームですぴかぴか(新しい)
こちらがお持ちいただいた古いリングデザインのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0216.jpg

こちらをpt900製のエタニティ風リングへリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0555.jpg

全体がキラキラしてますが、アームが華奢めなので、
センターのダイヤモンドが引き立つエタニティ風リングですねぴかぴか(新しい)
これからはどんどん普段使いしていただけそうです!
T.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ジュエリーリフォームのデザインをご検討なさる際、ご自分がお年を召されたときにも身につけられるようなデザインかどうかを気になさる方が時々おられます。
そういう場合、「今現在」身につけやすくてお好きなデザインかどうか?だけを考えてチョイスされることをおすすめ申し上げております。
お年寄りになっても身につけられそうなイメージの定番っぽいリングデザインでは、今現在気に入って身につけて頂けるかどうかも疑問です。今!素敵だと思われたリングデザインならずっと身につけて頂けると思います。
そしてリングのデザインも10〜20年経てば、やはり流行が変わってくるのです。なんとなく身につけにくくなったときには、またそのときに気に入られたリングデザインへ再度リフォームなさったら良いのです。
それに、お年を召されたからといっても、好きな物やお好みはそう大きく変わらないものですよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ