はぎ妻でするんるん
今日は、U.Kさまよりお持ち頂いた2点のダイヤモンドリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは、1.047ctの古いデザインのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0505.jpg

せっかくの大粒できれいなダイヤモンドも
こういうシンプルすぎるデザインのせいで、どこかフォーマルなシーンにしか身につけられないような感じで
あまり身につけておられないようですあせあせ(飛び散る汗)

こちらをカッチリ系のシャープでスタイリッシュなリングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0688.jpg

いろんな角度でご覧下さい。

さすが1ctもあってダイヤもきれいだと存在感がすごいですね!

RIMG0679.jpg

RIMG0691.jpg

RIMG0689.jpg
もう1点お持ち頂いた0.41ctのこちらも古いダイヤモンドリングです。
* ビフォー *
RIMG0511.jpg

こちらを覆輪留めのスルーペンダントに、ということでしたが、
通常の当店で使用している覆輪留めの枠は少し金属部分が厚いのですが、
今回は、少し薄い覆輪留めの枠でスルーペンダントにリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0693.jpg

RIMG0697.jpg

U.Kさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございました。
ダイヤモンドリングって何も特別な時だけに身につける物ではありません。ご婚約指輪で初めてダイヤモンドリングを手にされる方も多いですが、頂いた時はとっても嬉しくて普段でも毎日身につけていらしたかもしれませんが、シンプルすぎる1粒ダイヤモンドリング等はカジュアルなお洋服に合わないので、ご結婚後はあまり身につけなくなってしまったという方が大変多いようです。
ダイヤモンドを初めとするジュエリーは身につけてこそ価値のある物です。
もし、ダイヤモンドリングを何年も身につけていらっしゃらなかったら、それはダイヤモンドのせいではなく「デザイン」のせいです。是非、カジュアルなおでかけのときに身につけられるようなデザインへリフォームしてください。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。