はぎ妻でするんるん
今日は、H.Tさまよりご注文頂いたダイヤモンドリングのリフォームと新たにご注文頂いたダイヤモンドペンダントネックレスをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのはダイヤモンドリングのリフォームです。
こちらがお持ち頂いた0.520ctの立爪のダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0637.jpg

ダイヤモンドより爪の方が目立っていて、このままでは身につけにくそうですね。
こちらをk18イエローゴールド製で、ミル打ちアンティーク風のとっても可愛らしいリングにリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0685.jpg

メレダイヤも彫留めで落ち着いた感じですが、
何よりアーム両サイドのメレダイヤ部分を囲っているミル打ちがとても繊細で女性らしさを引き立ってくれるデザインですね。

RIMG0693.jpg

RIMG0691.jpg
もう1点はリフォームではなく新たにこちらでダイヤモンドをご用意させていただいて製作したダイヤモンドペンダントですぴかぴか(新しい)
メレダイヤ取巻きのペンダントネックレスがほしいというお話でしたが、
残念ながらリフォームさせて頂けるダイヤモンドがございませんでしたので当店で0.24ctのダイヤモンドをご用意させて頂いて製作させて頂きました黒ハート

RIMG0696.jpg

ご用意したダイヤモンドはノングレードですが、直接ダイヤモンド卸店に行ってよく輝くものをチョイスして仕入れましたので
お安くてとっても良く輝くステキなペンダントネックレスになりました。
ノングレードのダイヤは同じお値段でもよく輝く物とそうでない物等、玉石混合ですから必ずよく吟味してよく輝く物をお選びしてるんです。
H.Tさま、この度はダイヤモンドリングのリフォームとダイヤモンドペンダントのご注文、誠にありがとうございました。
ダイヤモンドは同じグレード、カラット数の物でも4Cの評価では表す事の出来ない「輝き」があるもの、無いものなどがあるのも事実です。もちろん、VSクラスでエクセレントカット、Dカラーでしたら文句の付けようが無いくらい全てのダイヤが素晴らしく輝きます。ですが、4Cの評価でちょっと低めのダイヤなのに、とても良く輝くものもたくさんあるのです。
とくに30年ぐらい前のダイヤモンドのカットは今の評価ではGoodやVerygood等になるものが多いですけど、それでもエクセレントカットに負けない程素晴らしく輝くダイヤモンドをたくさん拝見してきました。
人間もダイヤも何かの評価基準だけで魅力が決定する物ではないのですね。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ