はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、当店でジュエリーリフォームしてくださったことのあるお友達からのご紹介で、
東京在住のWさまのダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)

お送り頂いたダイヤモンドは、1.329ctの古いデザインの1粒ダイヤモンドリングです。
きれいなダイヤモンドですね〜!

* ビフォー *
RIMG0732.jpg

こちらをWさまのご希望で、K18イエローゴールド製のメレダイヤが少し大きめのバージョンで
エタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0667.jpg

直径2.1mmのメレダイヤが10ピース トータル0.4ct使用しておりますぴかぴか(新しい)
メインのダイヤと合わせると2ct近くになりますねぴかぴか(新しい)

メレダイヤは共爪(ともづめ)でアーム部分にセッティングされておりますので
メレダイヤが大きくきれいに見えます。
RIMG0673.jpg

メインのダイヤモンドのキューレット(下の尖った部分)も台座の一番下まで来てますので
ほとんどダイヤモンドの厚みだけで高さも全くない身につけやすいリングです。

RIMG0671.jpg

Wさま、この度は遠方にも関わらず大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
1ct以上の大粒のダイヤモンドこそ、シンプルな何も無い1粒ダイヤモンドリングだといかにも「ダイヤモンドリングを身につけてますよ!」という大げさでフォーマルな印象になるので身につけにくくなります。
逆にメレダイヤなどをたくさん使ったファッションリング的?なリングデザインだと「ファッションで身につけているんですよ」という感じでカジュアルなお洒落のシーンでも身につけていただけます。
まだダイヤモンドリングをお持ちじゃない方はダイヤモンドリングもお洋服のようにシンプルな方が身につけやすいと思われるようですが、昔のご婚約指輪等の極シンプルな1粒ダイヤモンドリングをお持ちのほとんどの方が「普段に身につけにくい」とおっしゃるんです。お洋服とジュエリーのデザインの選び方はまるで違うので、ジュエリーリフォームをお考えの方はちょっと気にしてみてくださいね。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ