はぎ妻でするんるん
今日は、T.Fさまよりお持ち頂いたジュエリーリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)
本当は数点ご依頼頂いたのですが、ちょっと長くなるので続きは次回にご紹介させて頂きますね。
今日は2点のリフォームのご紹介です。

まずは、
こちらのマーキスダイヤモンドが7ピースでトータル1.01ctの古いV字リングのリフォームからご紹介させていただきます。

* ビフォー *
RIMG0647.jpg

すごいボリューミーなリングですが、横から見ると大変高さもありますし、
ちょっと最近ではあまり見ないデザインですので身につけにくくリフォームを考えられていらしたそうです。
当店にご来店頂く前に他店でもお見積もりされたそうですが、
ご予算的に合わずあせあせ(飛び散る汗)

検索で当店を見つけられてご来店頂きました!
ラウンドカットのダイヤモンドでしたら枠メーカーの枠でエタニティリング等にリフォームできるのですが、
マーキスのメレですと残念ながら枠が無いのでフルオーダーメイドで枠を型から作成するしかありません。
もちろんそれも当店でもできるのですが、フルオーダーメイドは大変ご負担が大きくなります。
ですから、このようなV字リングの場合、
台座をそのまま活かしてリングのアーム部分を切り取ったネックレスへリフォームさせていただくケースが多いんですぴかぴか(新しい)

仕上がりはこちら!

* アフター *
RIMG066.jpg

台座の部分もギリギリまでカットしてすっきりしたステキなペンダントネックレスに生まれ変わりました。

RIMG0666.jpg

※こちらのリフォームは同じような古いダイヤモンドリングでも台座の形状によって同じようにリフォームできないケースもございます。(現物を拝見しないとリフォームできるかどうかの判断は難しいのでご相談の際はお品をお持ちください)
つぎに、
T.Fさまのお母様のものだったと記憶しているのですが、
数点の古いジュエリーを受け継がれて、それをT.Fさまお嬢様3姉妹にそれぞれリフォームなさりたいとのご相談もお受けいたしました。

今日は3点のリフォームのうち1点だけをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)
こちらがお持ち頂いた1.18カラットのアクアマリンの古い指輪です。

* ビフォー *
RIMG0659.jpg

こちらをお若いお嬢様でもお洒落に身につけられるリングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0815.jpg

彫留めでメレダイヤをセッティングしているタイプのエタニティ風リングです。
オーバルのアクアマリンが横置きでかわいいですね。
ちなみにアクアマリンは
蛍光灯の下のダイヤぴかぴか(新しい)
という別名があるぐらい蛍光灯等のライトの下でよく輝く色石ですぴかぴか(新しい)

RIMG0821.jpg

RIMG0818.jpg

T.Fさまのリフォームはまだ次回の記事につづきますぴかぴか(新しい)
ダイヤモンドのカットはいろいろあります。代表的なのはラウンドブリリアントカットで正面から見るとラウンド(円形)のカットで58面のカットが入っている最もダイヤが輝いて見えるカットです。その他には今日ご紹介したマーキスや雫型のペアシェイプ、ラウンドのプリンセスカットやエメラルドカット、またハートシェイプ、トリリアントといったファンシーカットもございます。
それぞれのカットにそれぞれの特徴や良さはございますが、ジュエリーリフォームのことを考えると一番デザインの選択肢が多いのは圧倒的にラウンドブリリアントカットのダイヤモンドですね。
ダイヤモンドの品質は一生変わらないですが、リングデザインは何十年か経てば古くならないものはありませんから、もしもこれからダイヤモンド製品のご購入をお考えでしたらラウンドブリリアントのダイヤモンドをおすすめいたします。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ