はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、数年前にも当店でリフォームして下った事のあるK.Mさまよりお持ち頂いたダイヤモンドのリフォームと
新しくダイヤモンドを当店でご用意したプチペンダントのご注文製作をご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

最初にご紹介するのは7ピースでトータル0.61ctのダイヤモンドリフォームです。
うかつにもビフォー写真を写し忘れてしまい申し訳ございませんあせあせ(飛び散る汗)
こちらのダイヤモンドをK18イエローゴールド製の4点留めハーフエタニティリングへリフォームいたしました。

* リフォーム ビフォー *
RIMG0877.jpg
次にご紹介するのは、
同時にご依頼頂きましたダイヤモンドプチペンダントのご注文製作です。
0.19ctのダイヤを当店でご用意し、
覆輪留めがご希望でしたが、「小さく見える」のがご希望でして
同じ覆輪留めですが
枠が薄い
タイプの覆輪留めで製作させて頂きました。

RIMG0872.jpg
写真ではわかりにくいかもしれませんが、
当店のHPでご紹介している覆輪留めの枠はぷっくりして厚めの枠なのでペンダントトップが大きく見えるんです。
ですが、こちらはすっきり薄いタイプの覆輪留めです。
あまり大きく見せたくないけど覆輪留めにしたいと思われている方にはおすすめですぴかぴか(新しい)

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドのリフォームと新たにダイヤモンドペンダントのご注文を頂きまして誠にありがとうございます。
今まであまりジュエリーを身につけた無い方に限ってダイヤモンドをリフォームなさる際に「ペンダントの方が身につけやすいのでは?」という錯覚に陥ります。
もちろん、ペンダントのダイヤモンドをペンダントにリフォームなさるのは問題ないのですが、ご婚約指輪等のグレードの高いダイヤモンドをペンダントにリフォームなさるのはもったいないです。チェーンが切れてなくなる可能性も無い事もないですし、なにしろ他にジュエリーを身につけられないのでしたら、大粒の良く光るダイヤモンドが胸元をキラキラさせていたら、それこそカジュアルなお洋服にはあまり合わないと思います。
指輪のほうがカジュアルでお洒落なデザインでしたら、意外とどんなお洋服でも選ばずカジュアルに身につけやすいんですよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ