はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前にも当店でリフォームして下さいましたY.Mさまの真珠のリフォームです。
Y.Mさまはお友達と一緒にご来店され、お友達の方のジュエリーリフォームのビフォー写真は撮影させていただいたのですが、
なぜか!?今回のY.Mさまのビフォー写真は見当たらず(たぶん写し忘れあせあせ(飛び散る汗))、でリフォームの仕上がり写真だけをご紹介させて頂きます。

こちらは元々8mmUPのアコヤ真珠リングだったのですが、
カジュアルに身につけやすいペンダントにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* リフォーム アフター *
RIMG0693.jpg

このメレダイヤがついたパーツはいつもの大手枠メーカーのものではなく真珠材料の卸屋さんで仕入れてきているのですが、
デザインもかわいらしくて身につけやすいですし、何よりお安い黒ハートので、結構みなさんからご注文頂いております。
こちらは同じデザインでホワイトゴールド製のもありますよ。
そしてもう1つは7mmUPのアコヤ真珠のイヤリングをピアスに加工させて頂きました。
* リフォーム アフター *
RIMG0700.jpg

シンプルなスタッドピアスです。
真珠がきれいだったら、こんな風にシンプルなデザインでも全然地味じゃないし、
意外とカジュアルなお洋服でも合うんですよ。

Y.Mさま、この度は大切な真珠を当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ほとんどの宝石は鉱物(石)ですが、真珠は有機物です。

ドブ貝の殻を丸く削った「核」を真珠貝の中に入れ、その核を貝の分泌液が何層にも覆い被さって炭酸カルシウムの層を作ることで真珠が出来るのです。
真珠貝のおかげで美しい真珠が生まれるのですが、炭酸カルシウムはたんぱく質ですので人間のお肌と同じような成分でこうせいされています。
ですから、人間のお肌と同じように残念ながら老化して行き最初の頃の輝きは20〜30年経つと消えて行きます。
そうなってしまうとせっかくの真珠もフォーマルなお席では見栄えがしませんね。
経年劣化でかつての色や輝きが無くなってしまった真珠は是非カジュアルなシーンで普段使いしてあげましょう。
連のアコヤ真珠のネックレスならタートルネックのセーターの上やでもよく似合いますし、普段使いならまだ十分に身につけられますよ。真珠のリングやペンダントはデザインが古ければ今回ご紹介したようにカジュアルなペンダント等にリフォームして普段使いなさってみてはいかがでしょう?
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ