はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、もう何度か当店でリフォームして下さったことのあるO.Yさまのダイヤモンドリフォームですぴかぴか(新しい)
O.Yさまは3ストーンのダイヤモンドペンダントネックレスをお持ちで、
そのうち2つはK18イエローゴールド製のペンダントと指輪にリフォームなさいましたが、
もう1ピースだけはまだリフォームなさらずにそのままお返ししておりました。
その0.31ctのダイヤモンドを今回お持ち頂いたのがこちらです。

* ビフォー *
RIMG0651.jpg

ペンダントにしておくのはもったいないぐらいきれいで品質の良いダイヤモンドです。
前回はカジュアルに身につけられるようにK18イエローゴールド製でリフォームさせて頂きましたが、
今回はちょっとフォーマルなお席で身につけるかっちりとしたイメージのリングへリフォームされたいとのご希望でした。
そしてこちらの彫留めで大きめのメレダイヤがセッティングされているカッチリした印象のキラキラリングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0746.jpg

RIMG0752.jpg

RIMG0751.jpg

O.Yさま、この度も大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ダイヤモンドはどれも同じグレードではありません。ダイヤモンドの評価4C(カット、カラット、カラー、クラリティ)はそれぞれ違いますし、それによってお値段も変わってまいります。
時々、ご婚約指輪のダイヤモンドをペンダントにリフォームなさりたいとのご相談をうけますが、そういう場合断固反対いたします。ご婚約指輪に使用されているダイヤモンドのほとんどは最高品質のものを使用しております為にどれも大変高価なものです。たとえ何十年も前の古いダイヤモンドでも同じです。ペンダントに使用するダイヤモンドは通常それほどグレードの高くない物を使用します。指輪の場合はご自分で身につけたままでもダイヤを見る事ができますし、身につけたまま他の人に手を差し伸べてまじまじ見られる事もあるので品質の善し悪しはすぐにわかりますが、ペンダントの場合、ご自分も他の人も身につけた状態では間近にダイヤを見る事ができない理由もありそれほど良い物を使用しないケースが多いです。
グレードの高い大切なダイヤモンドは是非ステキなデザインのリングへリフォームいたしましょう。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ