はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、姉妹の方が以前当店でリフォームして下さいましたY.Mさまのリフォームです。
Y.Mさまもご家族の方から古いダイヤモンドリングを譲り受けられたそうです。
こちらがお持ち頂いた5ピースでトータル0.47ctの一文字ダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0725.jpg

こちらを今風のハーフエタニティにリフォームなさりたいとのご相談でした。
5ピースですとダイヤモンドの部分がハーフにちょっと足りないのであせあせ(飛び散る汗)
2ピース当店で追加させていただき、4点留めのゴージャスなハーフエタニティリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0687.jpg

追加した2ピースと合わせて、7ピースでトータル0.682ctのゴージャスなハーフエタニティリングに生まれ変わりましたぴかぴか(新しい)

RIMG0684.jpg

RIMG0693.jpg

RIMG0690.jpg

Y.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
20〜30年以上前の指輪のデザインのほとんどは台座の高さが非常に高くなっているものがほとんどで身につけにくいものばかりでした。台座の高さが高くなると宝石が大きく見える効果があるのがその理由のようですが、最近の日本製の指輪枠はほとんど高さが無い物が主流です。また爪も大変小さくなりました。
ジュエリーは枠さえ新しい物に変えてしまえば全く新しいジュエリーになったと申し上げても過言ではありません。
もし身につけにくくてしまいっぱなしのジュエリーをお持ちでしたら是非リフォームをご検討ください。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ