はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、先日アコヤ真珠をご購入頂いたお客様のお母様のK.Mさまダイヤモンドペンダントのリフォームですぴかぴか(新しい)

お持ち頂いたのは、
0.418ctの古い立爪のダイヤモンドペンダントネックレスです。

* ビフォー *
RIMG0004.jpg

こういう立爪は指輪だけじゃなく、昔はペンダントもこんなでしたねあせあせ(飛び散る汗)
ダイヤよりも爪が目立ってしまいますし、ちょっと今では身につけにくそうです。

こちらをK18イエローゴールド製で、
メレダイヤが取巻いた人気のスルーペンダントネックレスへリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0215.jpg

K18イエローゴールド製って東洋人の肌に自然と馴染むのでカジュアルな印象で身につけやすいんです。

そして極小さなメレダイヤが取巻いている事によってダイヤが大きく見えるのにカジュアルで可愛らしく身につけやすいデザインになりました。
またチェーンはスルー(素通し)なので、
大きなバチカンも無くすっきりきれいなフォルムのペンダントネックレスですね。

RIMG0214.jpg

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございました。
指輪もペンダントネックレスも1粒だけのダイヤモンドリングやネックレスにするとちょっとフォーマルな印象になる事があります。ペンダントネックレスの場合は、0.3ct以上の大きさのダイヤモンドでしたら、1粒のシンプルなデザインですとちょっとフォーマルな印象が強くなる傾向があります。0.3ct以下の小さいダイヤモンドでしたら1粒のプチペンダントならかわいくてカジュアルにも身につけやすいんですけどね。
大きいものはリングになさる方がカジュアルに身につけやすいというのもございますが、それでも新しいデザインのペンダントにリフォームなさりたいのでしたら、1粒のプチペンダントよりも今回のようなメレダイヤが取巻いていたりというカジュアルなデザインの方が断然身につけやすいですよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ