はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、C.Rさまよりお持ち頂いたサファイアリングとダイヤペンダントのリフォームですぴかぴか(新しい)
ご家族から何点か譲り受けられた物をリフォームなさりたいとのご相談でした。

最初にご紹介するのは、
こちらの2.39ctの古いサファイアリングです。

* ビフォー *
RIMG0007.jpg

透明感と輝きがあって、大変素晴らしいサファイアですが、
この周りのダイヤの飾りが大変身につけにくそうですねあせあせ(飛び散る汗)

こちらをk18イエローゴールド製のエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0295.jpg

RIMG0289.jpg

RIMG0298.jpg
つぎに、
ダイヤモンド五光留めの大きなペンダントトップです。
0.20ctのダイヤが大変レトロ?な五光留めでセッティングされております。

さすがにこのままではちょっと身につけられませんあせあせ(飛び散る汗)

* ビフォー *
RIMG0010.jpg

こちらをシンプルなk18覆輪留めペンダントネックレスへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0301.jpg

C.Rさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
価値のある物を使用しないことを「宝の持ち腐れ」と申しますが、私たち日本人女性のタンスやクローゼットの中にどれだけたくさんの宝石が眠っているのでしょう?
宝石こそ本物の「宝」と申し上げても何の遜色もございません。そんな価値のある宝石を「つけて行く場所が無いから」と何十年も身につけず「宝の持ち腐れ」になさっている女性がどれほど多い事でしょうか?
「つけて行く場所が無い」「身につけにくい」等の理由は宝石にあるのではなく枠等のデザインに問題があるのです。
カジュアルに身につけやすいデザインへリフォームなさったら毎日でも身につけられ「宝の持ち腐れ」なんて無くなるんです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ