はぎ妻でするんるん
今日はK.Tさまよりお持ち頂いた古いルビーリングのリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)
こちらがお持ちになられたオーバルの0.40ct(3.5mm×4.5mm)ルビーリングです。

* ビフォー *
RIMG0242.jpg

こちらをk18イエローゴールド製で
オーバルのルビーを横置きにした華奢でかわいいエタニティ風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0397.jpg

メレダイヤは共爪でセッティングされております。

RIMG0404.jpg

RIMG0398.jpg

カジュアルなお洋服に合わせにくいイメージのある色石ですが、
こんな風なリングでしたら気軽に普段使いで身につけられそうですね。
K.Tさま、この度は大切なルビーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
昔のようにルビーやサファイア等のいわゆる色石はそれほど人気がなくなりましたが、それでも昔ご購入された色石のリングを身につけられずにそのまましまっておかれている方は多いのではないでしょうか?
そういう方は、今は色石が流行らなくなってしまったから身につけられない…、と思っていらっしゃるのではないですか?
昔の色石リングは石の周りにテーパーダイヤやメレダイヤ等を今とは少し違うような感じで派手に取巻いていました。
今のメレダイヤの取巻きは極小さなダイヤを目立たない爪でセッティングしているのでかわいい印象ですが、昔の色石の周りのダイヤは本当にベルサイユ宮殿のパーティでもない限り現代では身につけられないようなデザインがほとんどです。
そんな昔の色石リングでもリフォームなさればおしゃれでカジュアルな色石リングに生まれ変わって普段使いできるようになりますよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ