はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、H.Kさまよりお持ち頂いた立爪ダイヤモンドリングのリフォームです。
H.Kさまはこの度ご婚約がお決まりになり、
ご家族から0.28ctの立爪ダイヤモンドリングを譲り受けられ、
こちらをご婚約指輪へリフォームなさり贈られたいとのご相談でした黒ハート

* ビフォー *
RIMG0327.jpg

そして人気のアンティーク風リングへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0024.jpg

年齢関係なく根強いリングデザインです。
特に男性が今回のようにサプライズで贈られるときに選ばれる人気ナンバーワンのデザインですね。

RIMG0032.jpg

RIMG0030.jpg

ご婚約指輪として贈られる方には
こちらの純白のケースでお納めさせていただいておりますぴかぴか(新しい)

RIMG0042.jpg

H.Kさま、この度は記念のお品へのリフォームを当店でご依頼くださいまして誠にありがとうございます。
ご婚約指輪はダイヤがついていれば良いという物ではございません。
少し前までは確かにご婚約指輪といえば「1粒ダイヤモンドリング」でしたが、1粒だけのダイヤモンドリングは、どういうわけかカジュアルなお洋服には合わせにくく、ご婚約時期には身につけるのですがご結婚後にはなかなか身につけにくくてタンスの肥やしになっておられる方がどれほど多いかしれません。
デザインにお好みはそれぞれお持ちでしょうが、ご結婚後にカジュアルな外出時のお洒落アイテムとして身につけられるようなデザインじゃないと、頂いたお気持ちだけうれしくてもせっかくのダイヤモンドリングが身につけられないままもったいない事になってしまいますよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ