はぎ妻でするんるん
今日のリフォームは特別感動秘話exclamation付きのジュエリーリフォームですよ黒ハート

ある日、大阪からご夫妻でご来店頂いたK.Aさまは、
ご主人のお母様のお宅の引き出しの中でぼろぼろになった古い真珠の指輪を見つけられました。
その真珠の指輪は妙な事に真珠が枠から取れていて、
真珠特有の輝きも無く妙に小さくいびつでした。
お義母様に伺われたところ、
この真珠の指輪は既に亡くなられてしまったお義母様のご主人(お義父様)より贈って頂いたたった1つの指輪だとか。
最愛のご主人様が他界された後、
あまりに大切で、
ひとときも身体から離したくなくて、
外出するときだけではなく、寝る時もお洗濯やお料理、お掃除をする時も、お風呂に入る時も、
いつでも四六時中指につけっぱなしになさっておられたそうです。

その結果、
真珠の表面は削れてしまい核が露出し真珠層がほとんどなくなってしまいました。
真珠層が削れてなくなったしまった後もさらに身につけ続けていらしたのか、
核自体も削れて真円ではなく、おそらく当初より一回りぐらい小さな楕円形になってしまって指輪枠からも
外れてしまったということでした。

お嫁さんであるK.Aさまは、
そのぼろぼろになってしまった真珠の指輪をご覧になってお義母さまがとてもおかわいそうに思えてきて、
また身につけられるようにリフォームしてあげたいexclamation
そんなお優しい思いと共にお持ちになられた真珠はこちらです。
ノギスでお測りしたところ直径が5.5mmです。

* ビフォー *
RIMG0287.jpg

実はこの写真は真珠の削れてしまった表側ではなく、裏側なんです。
指輪の裏側は幸いにも真珠層がかろうじて残っていたのですexclamation
こちらの面を表にして、
k18イエローゴールド製のこんなかわいい真珠リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0063.jpg

RIMG0061.jpg

RIMG0058.jpg

真珠のいびつな感じが逆にかわいくて個性的なバロックのような味を出していて
素敵な真珠リングに生まれ変わりましたぴかぴか(新しい)

少しでも長く身につけられるよう、
どんなに大好きでも指輪のつけっぱなし、特に真珠の付けっぱなしはこれからはお止めくださいねあせあせ(飛び散る汗)
K.Aさまご夫妻、この度は大切なお母様のために当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ほとんどの宝石は鉱物ですが、真珠だけは違います。
真珠は貝の中で育ち形成されますが、真珠層は甲斐の分泌液でできているためコンキオリンというタンパク質なんです。
ですから鉱物と比較すると柔らかいですし、さらに残念な事に経年劣化します。ご購入後20〜30年もすると通常、真珠の輝きが鈍くなり色味も黄みがかってくるんです。巻きの厚い真珠に関しては経年劣化の速度も緩やかにはなりますが、ダイヤ等の鉱物とは根本的に違うんです。人間も10代、20代のお肌はツヤツヤですよね?真珠も人間のお肌と同じで採れたて(新品)の時が一番きれいなんです。
だからこそ鉱物には無い美しさと輝きがあるといえるでしょう。
できるかぎり最初の美しさを長く楽しむ為には真珠は他の宝石より大切に扱って下さいね。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ