はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、H.Aさまよりお持ち頂いたサファイアとダイヤのリフォーム3点です。
最初にご紹介するのは、
お父様が昔お使いになっておられたサファイアのタイタックですぴかぴか(新しい)

サファイアは0.65ct(5mm×5.5mm)のエメラルドカットです。

* ビフォー *
RIMG0331.jpg

こちらをk18イエローゴールド製の素敵なリングへリフォームされましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0109.jpg

メレダイヤは彫留めで落ち着いた印象ながらも
k18イエローゴールド製でアーム部分が細いので可愛らしい印象のリングになりました。

RIMG0113.jpg

RIMG0111.jpg
次に、
ご本人様が昔お使いになっておられたダイヤとルビーの3ストーンペンダントトップです。

* ビフォー *
RIMG0333.jpg

今回、こちらのルビーは使わずに上下のダイヤモンドだけをリフォームなさる事になりました。

まず、一番下のダイヤ0.48ct
k18イエローゴールド製のメレダイヤ取巻きリングへリフォームさせていただきましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0117.jpg

RIMG0121.jpg

そして上の方のダイヤモンド0.218ctはお揃いのメレダイヤ取巻きペンダントネックレスにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0126.jpg

H.Aさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
20年以上前まで男性の方はみなさんはスーツを着られるときには必ずネクタイに「ネクタイピン」をされていましたね。
でも今ではネクタイピンはあっても表に見えないようなものらしいですし、昔のように男性がネクタイピンのお洒落をなさることもお見かけしなくなりました。
ネクタイピンの中にはダイヤモンドや真珠、そしてサファイア等の宝石があしらわれたものも少なくありませんでした。いくら今ネクタイピンをしなくなったからといって宝石が付いているものをそのまましまっておくのは大変もったいないですよね。
もしご家族の方がもうお使いになられない宝石付きのネクタイピンがお家にございましたら、奥様やお嬢様が指輪等にリフォームなさって是非身につけられてはいかがでしょう?
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ