はぎ妻でするんるん
今日は3年程前に当店でお母様のご遺品をリフォームしてくださいましたN.Y様姉妹が再びご来店くださいまして
今度はダイヤモンドリングのリフォーム相談をしていただきました。
この度お持ち頂いたのはこちらの0.42ctダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0018.jpg

こちらをK18イエローゴールド製でミル打ちが素敵な4点留めアンティーク風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0077.jpg

RIMG0079.jpg

RIMG0082.jpg

N.Y様姉妹、お忙しい中再びご来店頂き、大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ミル打ちとは指輪等にドットのような加工を施した物です。
古くヨーロッパ等のアンティークジュエリーでも使われている技法なので、ミルが打ってあるとどこかアンティークな印象がします。また、金属のミラー仕上げ部分よりもミルが施されているとマット仕上げのような効果もあり、高級感と女性らしさを演出してくれます。
写真で見ると見るうちのドットが大きく見えるので敬遠される事もございますが、実際のリングに施されるミル打ちは極々細かい繊細なドットですので実物をご覧になると好きになったとおっしゃる方も多いんですよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ