はぎ妻でするんるん
今日は大阪よりお越し頂きましたK&Yさまカップルのダイヤモンドリングリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

K&Yさまはこの度ご婚約される事となり、
彼女のお母様のダイヤモンドリングを受け継がれエンゲージリングにリフォームなさりたいとのご相談でした。
お持ち頂いたのは0.41ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0023.jpg

こちらを、
ミル打ちが素敵なアンティーク風リングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0061.jpg

こちらのデザインは当店のジュエリーリフォームランキング上では第3位の人気なのですが、
このようにエンゲージリングとしてリフォームされるお客様がこちらのリングデザインを選ばれる方が多く
もしかしたらエンゲージリングとしてのリフォームでは人気ナンバー1かもしれませね黒ハート

RIMG0064.jpg

RIMG0065.jpg

K&Yさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
エンゲージリングは必ずしもプラチナ製でなければいけないことはございません。
日本では良いダイヤはプラチナ製の枠で!とお勧めするジュエリーショップがまだ多いようですが、世界的に見るとイエローゴールド製の枠の方が多いかもしれませんよ。
きれいなダイヤモンドは金の枠にするともったいない!と思われる方もおられますが、きれいなダイヤモンドならどんな枠でもきれいなんです。逆にカラーグレードがちょっと低めのダイヤモンドで色味が少し気になる方はイエローゴールド製の枠になさると色味が気にならなくなるんです。カラーグレードの高いダイヤモンドはイエローゴールド製の枠でもダイヤの色が黄色く見えるようになるわけではございませんのでご安心くださいませ。
エンゲージリングだからと「それっぽく」なさるのではなく、ご結婚後もカジュアルなお出かけのときにお洒落に身につけられるようなデザインを選ばれた方がずっと長く気に入って身につけられますよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ