はぎ妻でするんるん
今日はお母様の0.325ctのご婚約指輪をお持ちくださったT.Rさまダイヤモンドリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

T.Rさまは、この度ご婚約なさることになり、
お母様の0.325ctのダイヤモンドリングを譲り受けられたそうです。

* ビフォー *
RIMG0005.jpg

こちらのダイヤモンドをご自身のご婚約指輪として、
ずっと憧れていらしたという
メレダイヤ取巻きのキラキラリングへリフォームなさいましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0083.jpg

メレダイヤが取巻いているのでメインダイヤが大きく見えるのですが、
決してメインのダイヤが目立たない訳ではなく、むしろたくさんのメレダイヤの細かい輝きがメインダイヤをより美しく引き立ててくれていますぴかぴか(新しい)
アーム幅もメレダイヤの直径と同じ1.3mmですので華奢ですが、
こちらもメインダイヤを絶妙に引き立ててくれる太さと輝きですぴかぴか(新しい)

RIMG0072.jpg

RIMG0079.jpg

T.Rさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
今日ご紹介したメレダイヤが取巻いているダイヤモンドリングや、またミル打ちアンティーク風リング等、当ブログやHPで「写真だけ」ご覧いただいていると、なんだかゴテゴテした印象なんじゃないかと思っておられるお客様が時々おられるようです。
でも、ご来店頂き、実物をご覧になられると決まって「写真の印象とはちがって素敵!」とおっしゃっていただけるのです。
写真の良いところは実物を「そのまま」写してくれ、またジュエリーのような小さいものの細かい細工箇所までも鮮明に大きく写し出してくれるのです。一方、写真の欠点は実物そのままであるがゆえに、「繊細な細工も拡大」されて見えるんです。いくら繊細で美しいと思える細工でも拡大されていると繊細には見えませんよね?
ですから、写真だけでデザインをお決めになると実際のイメージと著しく異なる事がございます。
当店にはそれほど多くの見本はございませんが、お見せできるものから出来る限り実際の仕上がりのイメージをきちんと持っていただけるように詳しくご説明させていただいております。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ