オーバル2ctダイヤリングをK18製へリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は大阪よりご来店頂きましたT.Aさまのダイヤモンドリングリフォームをご紹介いたします。


お持ちになられたのは、オーバルカットの2.012ct(9mm × 7mm )ダイヤモンドリングです
すごいですねー
オーバルのこんなに大きなダイヤモンドリングはラウンドよりも場面が広くて存在感がありますね

* ビフォー *




ダイヤのカラーが少し甘いこともあり、
またカジュアルな印象にリフォームなさりたいとの事で、
こちらをK18イエローゴールド製でオーバルのダイヤを横置きにしたこちらのリングへリフォームさせて頂きました

* アフター *




色石では何度かこちらのリングデザインへリフォームさせていただきましたが、
ダイヤでは初めてお作りいたしました。





大変テリのあるよく輝くダイヤモンドだけあって、
本当にすばらしい仕上がりになりました








こんなに大粒のダイヤモンドでもデザインによっては、
こんな風にカジュアルでお洒落なリングになるんですよね。

T.Aさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

本物の宝石なら「カジュアルすぎる」デザインって言うのは無いのです。逆に「フォーマルすぎる」デザインっていうのはたくさんあります。たとえば、シンプルなプラチナ製の1粒ダイヤモンドリングがその代表です。脇石が全くないようなご婚約指輪によくあるような1粒ダイヤモンドリングは、カジュアルなお洋服に合わせにくいですし、身につけているとどこかフォーマルな場所にでもお出かけにいかれるような印象を受けます。
メレダイヤがいっぱい付いたカジュアルなフォルムのリングでもフォーマルなお祝いのお席に身につけて行っても、全く問題ないですし、本物の宝石であればカジュアルすぎるということは無いのです。
フォーマルなパーティで失礼にあたるのは、フェイク(偽物)ジュエリーです。フェイクジュエリーをフォーマルな場所に身につけて行くのは恥ずかしいです。
是非、本物の宝石をお持ちなら、どんなシーンでもお洒落に身につけられるようなデザインへリフォームなさってくださいね。


ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。