2つ目のマリッジリング【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、S.Yさまご夫妻よりセミオーダーメイドでご注文頂きましたマリッジリングです。
S.Yさまは、
昨年当店でダイヤモンドのエンゲージリングをミル打ちが施されたアンティーク風のリングへリフォームしてくださったのですが、
そのミル打ちを大層気に入られて、ご結婚当初にご購入された古いデザインのマリッジリングをミル打ちが施された新しいものをexclamationというお話になりました黒ハート

RIMG0040.jpg



左がご主人様ので、右が奥様のマリッジリングですぴかぴか(新しい)
当店のマリッジリングはセミオーダーメイドですので、
お好きな素材で、お好きなデザインで、様々なお好みの形に仕上げることが可能なんです。

ですから、
奥様の方はダイヤモンドリングと重ね付け出来るように
2mm幅で、セミラウンド、ワンポイントダイヤ、センターにミル打ち、ミラー仕上げ、


ご主人様の方は、
3mm幅、フラット、ワンポイントダイヤ、センターにミル打ち、ミラー仕上げ、

と、デザインはほぼペアですが男女の違いもあるので幅やフォルムを微妙にそれぞれのお好みに合わせてお作りいたしましたぴかぴか(新しい)
ミラー仕上げのリングって写真を写す時に撮影のカメラや手が写り込んでしまいますので、
ご覧になりにくくて申し訳ございませんあせあせ(飛び散る汗)

mari.jpg



マリッジリング(結婚指輪)は買い替えたりするものではないと思い違いしていらっしゃる方が意外と多いようです。
ですが、マリッジリングを左の薬指に「はめる」ことに意味があるのです。
それはご存知の通り「結婚しています」「決まった相手がいます」ということを言わずとも周りに知らせる役割があるからです。
ですが、「指輪そのものが神聖」であるとか、宗教的意味があるというのは間違いです。
(もちろん、ご結婚式に愛を交わした証しの指輪ですから思い入れはお有りかと思いますが)
聖書にもハムラビ法典にも結婚指輪のことはなーんにも書いていないはずです。

ですから、デザインが古くなって身につけにくくなってしまったマリッジリングは
機会をみつけて新しい指輪に買い替えられるっていうのもアリなんです
ハートたち(複数ハート)
ちなみに私、はぎ妻は今のハーフエタニティリングで4つめのマリッジリングで、
はぎちゃんは3つ目ですハートたち(複数ハート)
お互い1回しか結婚していませんけどね(笑)

S.Yさまご夫妻、この度は大切なマリッジリングを当店でご注文くださり誠にありがとうございます!


マリッジリングをお好きなデザインにセミオーダーメイドで格安にお作りしております。
ご相談、お見積もりは無料です。

次項有 ハギノパールアンドジェム マリッジリングのページ