はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、N.Kさまがお持ちになられた3点のダイヤモンドリフォームですぴかぴか(新しい)
N.Kさまお二人のお嬢様がいらして、そのうちのお一人のお嬢様がこの度ご婚約なさり年内にご結婚なさることになられたということで、
それをきっかけにご自分のダイヤモンドをリフォームなさりたいとのご相談でした。

まずは、こちらの0.23ctのダイヤモンドリングです。
こちらをご自分が身につけやすいようなリングへリフォームされたいとのご相談でした。

* ビフォー *
RIMG0056.jpg

アームにメレダイヤが彫り留めでセッティングされていて、アーム両サイドにはミル打ちが施されたアンティーク風リングにリフォームされました。

* アフター *
RIMG0002.jpg

こちらでしたら普段使いはもちろんのこと、
ご結婚式の留袖にもよくお似合いになれますねぴかぴか(新しい)
晴れのお嬢様のお式のときにお嫁さんのお母様が左の薬指に何のリングもなさっていらっしゃらないと、
ちょっと華やかではないですものねたらーっ(汗)
これでお嫁さんのお母様としての装いも準備OKですねexclamation
また、次にこちらの0.20ctの古いダイヤモンドリングです。
こちらをご結婚されるお嬢様へのプレゼントとしてペンダントネックレスにリフォームされたいとのご相談でした。

* ビフォー *
RIMG0060.jpg

k18イエローゴールド製のカジュアルな覆輪留めペンダントにリフォームなさいました。

* アフター *
RIMG0016.jpg

お母様のお心遣い、お嫁に行かれるお嬢様もきっと喜ばれることでしょう黒ハート
最後に、もう1人のお嬢様へのプレゼントもちゃんと考えられておられるそうです黒ハート

* ビフォー *
RIMG0063.jpg

こちらのちょっと小振りりの0.11ctのダイヤモンドペンダント
シンプルなガードル巻きのK18イエローゴールド製のプチペンダントにリフォームされましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0028.jpg

お嬢様のご結婚を機に、みんながハッピーになれるダイヤモンドリフォームとなりましたね黒ハート

N.Kさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。
ご婚約指輪はご婚約時代の時だけの物ではありません。むしろ、ご結婚後の方が活躍する機会が多いはずです。
ご婚約指輪に奥様としてのフォーマルなお席では必須アイテムとなりますし、お友達とのランチやショッピングのときにお洒落に身につけていただけます。
そして、お嬢様やご子息様のご結婚式のときに留袖には奥様の証である指輪を左の薬指になさるのが正式です。真珠リングや色石等でもOKですが、もしダイヤモンドのご婚約指輪をお持ちでしたら、この機会には是非身につけてください。
「身につけたいけどデザインが古すぎて恥ずかしい…」と、ハッとされたとしたら、是非新しいリングデザインへリフォームなさって身につけられるようになさってくださいね。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。