はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、Tさまご夫妻よりお持ち頂いたダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)

お持ち頂いたのは、こちらの0.306ctの1粒ダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0384.jpg

よくこちらのブログでご紹介しているビフォー写真の「立爪」とは違い、
爪が小さく台座も低めでありますが、
やはりこういう1粒ダイヤモンドリングって普段使いもしにくいしカジュアルなお洋服におしゃれに合わせにくいんですねあせあせ(飛び散る汗)
せっかくお持ちのダイヤモンドリングがお蔵入りになっておられたようですたらーっ(汗)
こちらをPt900製でメレダイヤが取巻いている人気のリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0046.jpg

0.3ctのダイヤモンドがメレダイヤに取巻かれている事によって0.8ctぐらいのダイヤの大きさに見えますねー黒ハート
でもアーム部分が華奢なのもあって全体の印象はとってもかわいらしいので
普段使いでお洒落に身につけていただけそうです。

RIMG0051.jpg

RIMG0049.jpg

Tさまご夫妻、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ジュエリーとアクセサリーの違いをおわかりですか?
アクセサリーは装身具であって、言ってみればお洋服の付属品ともいえます。あくまでお洋服の引き立て役です。
ジュエリーもアクセサリーのくくりの中にいますが、ジュエリーと呼んでいいのは「本物の宝石」が使われているものだけです。
ジュエリーはお洋服の引き立て役なんかじゃなくて、お洋服がジュエリーの引き立て役に変わるのです。
フェイク(偽物)のダイヤやルビー、真珠等はジュエリーではなく単なるアクセサリーなのです。
よくご存知無い方は「フェイクでも本物でも誰にも区別がつかないでしょう?」と言われる方もおられますが、実際に本物のジュエリーをお持ちの方は、フェイクのジュエリーを身に着けていらっしゃるのはパッと見ですぐに判別が付くと思います。フェイクだと気がつかれていないと思っているのはフェイクを身につけていらっしゃるご本人様だけかもしれません。
お若いうちにカジュアルにフェイクを身につけられるのは良いですが、20代後半からは立派な大人ですから是非本物のジュエリーを身につける習慣をつけましょう。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ