0.3ctダイヤモンドを曲線フォルムのペンダントへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日はSさまよりご依頼頂いたダイヤモンドのリフォームをご紹介いたします


Sさまがお持ちになられたのは、古い立爪の0.38ctダイヤモンドリングです。

* ビフォー *




本来、このように指輪にセッティングされているダイヤモンドは大変高品質のものが多いので、
ペンダントになさるのはもったいないのでお引き止めするのですが、
Sさまのご希望でペンダントネックレスへリフォームさせて頂きました

* アフター *




曲線フォルムにメレダイヤ2ピースでトータル0.03ctセッティングされております





縦長で大振りの素敵なペンダントに生まれ変わりました

Sさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

指輪にセッティングされているダイヤモンドのリフォームは、通常やはり「指輪」にリフォームなさる事をお勧めしております。
指輪に使用しているダイヤモンドはペンダントに使用するダイヤよりも高品質な物が多く、お値段もペンダント用のダイヤとはだいぶ違います。
ペンダントは外出時にネックレスチェーンが切れてしまった場合、ダイヤが無くなってしまうという可能性が少なからずございます。
またペンダントのダイヤは身につけたままではご自分で見る事も出来ませんが、指輪のダイヤは身につけたままご自分で眺めて楽しむ事ができるのが最大の楽しみなんです。


ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。