プリンセスカット ダイヤリングリフォーム*ゴージャスアンティーク【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、当店でリフォームしてくださいましたお客様のご紹介でご来店頂きましたK.Mさまのリフォームです。

今回ご紹介させて頂くのは2点のダイヤモンドリフォームです
最初にご紹介するのは、スクエアカットのダイヤモンドがたくさん付いた古いデザインのリングです。
* ビフォー *

この中で、センターにある0.35ct(4mm×4mm)のプリンセスカットのダイヤだけをリフォームして、
こんな素敵なリングになりました
* ビフォー *

プリンセスカットのダイヤの回りは、同じくスクエアの枠でメレダイヤを彫留めでセッティングしており、

またミル打ちが施されておりますので
ダイヤが大きく見えてゴージャスですが、アンティーク調で可憐な雰囲気の素敵なリングに生まれ変わりました

今回、このデザインは初めてお作りさせて頂きましたが、素敵な仕上がりにお客様にもご満足頂けました

つぎに、
シンプルな0.324ctのダイヤモンドプチペンダントです。
* ビフォー *

こちらは最近あまり身につけられないとの事で、
それならと、華やかでかわいいメレダイヤ取巻きのペンダントへリフォームさせて頂きました
* アフター *

わたしもね、4点留めとか覆輪留めのプチペンダントを持っているんですが、

このメレダイヤ取巻きペンダントをするようになってからこればっかりしか身につけなくなりました。

お洋服もTシャツでもブラウスでも何でも合うし、なにより実際のダイヤの大きさの倍以上の大きさに見えるのがすごく良いんです

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

ジュエリーのデザインって、もちろんそれぞれのお好みなのですがダイヤモンドの大きさについては年齢によってお好みが変わってくるように思います。
20代ぐらいのお若いときには「大きいダイヤより小さいダイヤの方が可愛くて好き」とおっしゃり、40代から50代以上になると「ダイヤはある程度大きさがあった方が良い」と思われるようになるようです。
いくつもいろいろなダイヤモンドをお持ちの方は良いのですが、ご婚約のときに贈られた小さめのダイヤのエンゲージリング1点しかお持ちではない方も多いのです。
年齢を重ねてご自分のダイヤモンドがあまり大きくないとご不満をお持ちの方は、ダイヤモンドが大きく見えるようなメレダイヤ取巻き等のデザインへリフォームなさってください。ダイヤの大きさは変わりませんが、実際より倍ぐらいの大きさに見えてお洒落なリングデザインになりますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。