エメラルドリフォーム*K18製エタニティ風リング【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、N.Kさまよりご相談いただきましたエメラルドリングのリフォームです。

お持ちになられたのは、ご家族から受け継がれた0.14ct(3mm×3mm)の古いエメラルドリングのリフォームです。
* ビフォー *

小粒ですが、色味が深くてテリのあるきれいなエメラルドですが、

やはり昔のリングデザインは台座の高さもあって、なんだか重ためのフォルムで
せっかくのエメラルドもお洒落に身につけられそうもありませんね

こちらをK18イエローゴールド製で華奢でかわいいエタニティ風リングへリフォームいたしました
* アフター *

アーム部分のメレダイヤは共爪でセッティングされています。

また微妙にメレの大きさがグラデーションになっておりまして、

エメラルドの両端が一番小さい1.3mmのメレダイヤで、だんだんと大きくなってきて一番両端のメレダイヤは直径1.7mmとなっております。

もちろん、台座の高さも全くございませんので、大変身につけやすい素敵なリングに生まれ変わりました
N.Kさま、この度は大切なエメラルドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

今日ご紹介したリフォームのエメラルドは縦3mm、横3mmという少し小粒のものですが、写真をご覧になられると大きくアップで写っている為か、実物をご覧になっておられない方は「太くて大きな指輪」に見えた方もおられるのではないでしょうか?
カラット数(ct)は重さの単位ですからエメラルドやサファイア等の色石の場合、カットによって表面の大きさは様々です。
ご自分の宝石のリフォームのご参考になさりたい場合、当ブログやHPの「指輪リフォーム例」などのリフォームさせて頂いた色石にはカラット数の横に「○mm×○mm」と表面の大きさが記載されております。
そちらをご覧頂ければ、実際の大きさ等をご想像なさりやすいかと思いますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。