ペンダント改作とK18エタニティリングご注文【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、R.Mさまよりご依頼頂きましたペンダントの改作と、エタニティリングのご注文です

最初にご紹介するのは、

こちらのペンダントトップです。
※ ビフォー *

こちらのペンダントトップは、もともとダイヤモンドクロスペンダントだったそうなのですが、

クロスが嫌になったので他店でクロスの両側をを切り取って縦ラインのペンダントトップへ改作されたそうです。
ですが、残念なことに厚みがかなりあったせいか、縦ラインのペンダントに改作したら横に倒れてしまい真っすぐならないそうなのです

それで、バチカンを外して、横置きにしてチェーンを固定した素敵なペンダントネックレスへ改作させていただきました
※ アフター *

縦置きのペンダントですと厚みがあだとなって左右にころころひっくり返るのですが、
横置きでこういうふうにチェーンを付けると、厚みがちょうど良いバランスでペンダントが安定しました

そして次にご紹介するのは、

ご注文頂いたハーフエタニティリングです。
本当はお持ち頂いたメレダイヤでハーフエタニティリングをお作りになられたかったのですが、
残念ながらメレダイヤと枠のサイズが合わなくて、

新たにダイヤをこちらでご用意した0.3ctUPのハーフエタニティリングをご注文頂きました。

直径1.7mmのメレダイヤを15ピースを共爪でセッティングしている

トータル0.3ctUPのK18製ハーフエタニティリングです

ダイヤも品質の良い物ですのでキラキラよく光りますよ

R.Mさま、この度は当店でペンダントの改作とエタニティリングのご注文、誠にありがとうございました。

今日のブログ記事には久しぶりに「改作」という言葉が出てきましたが、改作は英語で言うと「リメイク」です。
ジュエリーリフォームは全面的にジュエリーのデザインを変えてしまうことですが、リメイク(改作)は基本的な形はそのままで少し形状を変えることなのです。
リフォームなさりたくても新しい枠がサイズが合わなかったりした場合、リメイク(改作)で対応させていただくこともございますし、逆にリメイク(改作)をご希望されていても構造上リメイクができないものもございますのでリフォームでしかご対応できない場合もございます。
特にリメイク(改作)の場合、「私のもリフォーム例と似たような形だからできるはず」と思われてご相談されるかたもおられるのですが、微妙な大きさや厚み等でご希望通りリメイクできないことも多いのです。
まずはお品ご持参の上、ご相談くださいませ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

新しいエタニティリングをセミオーダーメイドで製作いたします。