ダイヤモンドリングは奥様の必須アイテム*0.5ctダイヤモンドリフォーム

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、K.Hさまよりお持ちいただいたダイヤモンドのリフォームです。

K.Hさまは、エンゲージリングをお持ちではなかったそうなのですが、
ご結婚の時には特に必要も感じないしマリッジリングだけで十分!と思われておられたそうなのです。

ですが、お子様のご入園式の際に他のお母様方がダイヤモンドの指輪をなさっておられる方が多く、
ダイヤを身につけてないことを、何だかチェックされているような気がして気が気ではなかったそうなのです

それで、今度ご卒園式にはダイヤモンドリングをしていきたい!
と思われ、お母様の使われていないダイヤモンドペンダントを譲り受けたので
リングへリフォームなさりたいとのご相談でご来店くださいました。

こちらがお持ちになられた0.53ctのダイヤモンドペンダントです

* ビフォー *

こちらをPt900製で
人気のメレダイヤ取り巻きリングへリフォームいたしました

周りのメレダイヤのおかげでダイヤもより大きく輝いて見えます

これでご卒園式のご準備もバッチリですね

K.Hさま、この度は当店で大切なダイヤモンドをリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

最近のお若いカップルの方々は堅実な方が多いようで、「ダイヤモンドなんて贅沢!エンゲージリングを買うお金があるなら新居の家電の購入資金にしたほうがいい」と、エンゲージリングは贈られずマリッジリングだけをご購入なさるパターンが増えいているようですね。
それはそれで一つの考え方ではあるので否定はしませんが、独身の時にはただの贅沢品と思われるダイヤモンドリングですが、ご結婚後に奥様としてお子様のご入園式などのフォーマルなシーンに身につけて行ったり、大人のおしゃれとして外出時にちょっとダイヤモンドのリングを身につけたりと、お嬢様とは立場がガラリと変わるので、エンゲージリングはご結婚前に考えていたような贅沢品ではなく、むしろ「生活必需品」になるんです。
もし新しいエンゲージリングのご購入が資金的に難しい場合、ご家族の使われていないダイヤモンドをリフォームしてエンゲージリングになさるというのも最近の新しいパターンでもありますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加