エンゲージのダイヤをペンダントから再びリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、Y.Sさまよりお持ちいただいたダイヤモンドのリフォームです。

Y.Sさまは昔ご自身のエンゲージリングをペンダントにリフォームなさったそうなのですが、
やはり勿体無いことをしたと後悔なさって、
今回は再びリングにリフォームなさりたいとのご相談でお越しいただきました

こちらがお持ちいただいた0.265ctのダイヤモンドペンダントネックレスです
* ビフォー *

せっかくエンゲージリングとして贈っていただいたのに、

ペンダントになってしまうと贈られた意味もなくなってしまいますし、何よりダイヤモンドの価値がペンダントにすることで下がってしまいます

そこで、
今回は身につけやすいようなデザインへということで、

メレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

今まで、こちらのデザインでは0.3ct用の枠からしかなかったんですが、

昨年末から0.2ct用の枠が新しくできましたので、今回初めてこちらのサイズでお作りさせていただきました

0.2ct台のダイヤモンドをこちらのデザインにリフォームなさりたいお客様が多かったので、
これからはご要望にお応えできるようになり良かったです

Y.Sさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださり誠にありがとうございました。

当店ではご婚約指輪などの高品質なダイヤモンドをペンダントへ加工なさることはお勧めいたしません。
特にご婚約指輪は奥様としてのシンボルとしてご主人様が贈られたダイヤモンドです。身につけにくいからと左の薬指になさらないでペンダントになさるのは本末転倒です。
身につけにくいのは「リングだからという理由ではない」のがほとんどです。
お持ちのご婚約指輪がどうしてもお洋服に合わせにくかったり身につけにくい場合は、身につけやすいデザインのリングへリフォームなさることをお勧めいたします。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加