バチカンが目立たないお洒落ルビーペンダントへリフォーム

はぎ妻です

今日は以前にも当店でジュエリーリフォームしてくださったことのあるS.Aさまルビーペンダントのリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただきましたのは、

1.24ct(7mm×5mm)の古いルビーペンダントネックレスです
* ビフォー *

ルビーの周りのメレダイヤの大きさやセッティング方法などが、ちょっと古い感じですし、
ベネチアンチェーンも一時流行りましたが、今ではすっかり重たい印象のチェーンになってしまいましたね

何より三角バチカン(チェーンを通す金具)がデザインの古さを強調していて残念な感じです
そのせいで身につけにくいとのことでしたので、

今回はシンプルに、またバチカンも目立たない今風のプラチナ製ルビーペンダントへリフォームいたしました。
* アフター *

ルビーの上部にはメレダイヤ 2ピースでトータル0.09ctがセッティングされております

メレダイヤは飾りのように見えますが、

実はバチカンになっているんです

スッキリ洗練されたデザインに生まれ変わったので、

またお洒落にルビーペンダントを身につけていただけますね

S.Aさま、この度は大切なルビーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

「指輪よりペンダントネックレスの方が身につけやすい」とおっしゃる方って意外と多くおられるようです。
ですが、同じジュエリーでも指輪とネックレスではまるで性質が違いますので、比較したり、どちらか一方だけしか身につけないというのはバランス的に如何なものかと思います。
また指輪の場合はあまりお洋服の雰囲気と合わせなくても大丈夫なケースが多いですが、ペンダントネックレス、特にダイヤではなく色石の場合はお洋服に合わせて色味を考えなければならないことも多く、指輪より合わせ方、身につけ方に工夫が必要なケースが多々ございます。
そして、宝石の形状や大きさ、品質などでも「指輪向きなもの」「ペンダント向きなもの」があるのです。ご自身がお持ちのジュエリーのデザインが古くてリフォームをお考えでしたら、是非当店にご相談くださいませ。お品を拝見させていただき、ご自身が身につけやすいデザインへリーズナブルなリフォーム価格でご提案させていただいております。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加