さざなみあやめ 神戸滞在記★vol.4

はぎ妻です

広島からくるめん(サザナミインコ♂)と遊びにやってきた
あやめんに神戸の自然を満喫してもらおうと、
神戸の名爆布引の滝へ行ってきましたよ

布引きの滝は日本三大神滝のうちの1つで、
古来から多くの人々がここを訪れていたらしいです。
その割には観光にいらっしゃる多くの人たちはほとんど
その存在を知られていない気がします。

新幹線の駅、新神戸駅のちょうど真裏が登山口になっていて滝へのハイキングロードとなっているのです
まずは、夏場に足をつけて涼むと超きもちいい〜!川の方へあやめんをご案内しました。

にぎやかな神戸の街とは打って変わった秘境っぽい雰囲気に感動しているあやめんです(笑)

山道を入っていくとさっきの川の上流が橋の上から見えます。
きれいでしょ〜?

そして、
川から飛び立った鳥にふと目をやると、
なんと光る瑠璃色の羽をしているではないですか!?
木にとまったので写しましたが、
羽の色は背中なのでなんの鳥かは確認できず…
でも、カワセミかもしれません。
カワセミっているんですね〜!
初めてみたかも!?

布引きの滝は、大きく分けて雄滝雌滝の2つで構成されています。

まずは雌滝です。

嬉しそうなあやめんの後ろ姿です

この後、雄滝へと10分程山を登らないといけないのですが、
結構急勾配でかなり息がきれるのです。
私は何回も来た事があるので大丈夫ですが、
若干、体が弱いイメージがあるあやめんが心配でした

ですが、山道に入って

「空気があまーい

と、体まで軽くなり私の先へ先へと急な山道も足取りも軽くどんどん進んでいきました。
木霊(こだま)にでも乗り移られたみたい…

すごいな〜、布引の滝パワーとあやめんパワー(笑)

あやめんって本当に不思議な子です

昔の有名な歌人たちが布引の滝を詠った歌碑が
山道の至る所にあるので
記念撮影したあやめんです

私1人ぜーぜーと息をきらして、
ようやく雄滝に到着しました

やはり雄滝は先程の雌滝よりも
ずーっと大きくて男らしい感じです。

滝の中腹ぐらいのところまで登って、
買ってきた淡路屋のお弁当を二人で滝を見ながらいただきました

私は「六甲山縦走弁当」
あやめんは「神戸すき焼き弁当」

淡路屋のお弁当は新幹線の駅とかでよく売っているのですが、
結構美味しいので大好きなお弁当です。

お弁当を食べたところから見た雄滝です。

滝壺がよく見えてきれいでしょう?

山道はちょっときついですけど、
空気が信じられないくらい美味しくって、
滝も雄大で美しくて心が癒されます。

あやめんのおかげで久しぶりに布引きの滝に行けました!

ほんと、よかったわ〜!