お母様の0.38ctダイヤモンドをご婚約指輪へリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、大阪よりご来店頂いたM.Kさまがお持ち頂いたダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)

M.Kさまがお持ちになられたのは、ご自分のお母様からこの度譲り受けられた0.38ctの古い立爪のダイヤモンドリングです。


★ ビフォー ★
RIMG0002.jpg



こちらのダイヤモンドリングはM.Kさまのお母様がお父様より贈られたご婚約指輪だそうで、
この度M.Kさまがご結婚なさることになったのでプレゼントしてくださったとのこと黒ハート
M.Kさまのご婚約指輪用にフラワー爪のとっても可愛らしいリングにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)


★ アフター ★
RIMG0068.jpg



メインダイヤは4点留めでセッティングされていますが、
その4つの爪はまるで花びらのようにカーブしてダイヤモンドを優しく包んでおります揺れるハート

RIMG0070.jpg



最近のカップルってご結婚指輪だけをご用意なさり、ダイヤモンドのご婚約指輪の贈呈は省略されることも多いらしいですが、
当店ではご家族の方の古いダイヤモンドリングを新しい形にリフォームしてご婚約指輪としてお使いになられるケースがよくあります。
お使いになられるダイヤモンドは彼のお母様だったり、お嫁さんのお母様だったりおばあさまだったりと形にとらわれず様々です。
新しい物をプレゼントなさるのも良いですが、歴史のあるダイヤモンドをご結婚を機に受け継いでお使いになられるというのもとっても素敵なことですね。

M.Kさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました!


ダイヤモンドはこの地上で一番硬い鉱物です。いくら古いダイヤモンドリングでデザインも古くて汚れていても、ダイヤモンドルース自体は洗ってあげるだけで元の輝きがそのまま戻るのです。
古くなったり傷ついたりすることはありません。
指輪枠さえ新しい身につけやすいものにリフォームなされば、宝石店のショーウインドウで販売されている新品のダイヤモンドリングと全く区別がつきません。
それだけダイヤモンドは価値のある宝石なのです。
もしご家族の方がダイヤモンドリングをお持ちでも全くお使いになっていなければ、是非ご婚約を機に受け継がれ新しい今風のリングデザインにリフォームなさりご婚約指輪としてどんどん身につけましょう。
リフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ