はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、E.Hさまがお持ちくださった0.295ctのダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)
E.Hさまは、当店でジュエリーリフォームしてくださったお友達からのご紹介でご来店頂いたそうです黒ハート
ご自分のジュエリーをリフォームしてくださったばかりでなく、大切なお友達までご紹介くださり嬉しいですね揺れるハート

さて、E.Hさまがお持ちになられたのはこちらのリングです。

★ ビフォー ★
RIMG0002.jpg



デザインはそれほど古くはないのですが、フォルムが太めですし横から見るとダイヤモンド以上の「高さ」があってとても使いにくそうですぴかぴか(新しい)
こちらを人気のエタニティリング風で、カジュアルにも身につけやすいk18イエローゴールド製にリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

★ アフター ★
RIMG0003.jpg



人気のリフォームデザインですので、いつも同じ角度からだとつまらないので
今日は久しぶりに真正面から写した写真をアップいたします。
エタニティ部分のメレダイヤの留め方は「共爪(トモヅメ)」なのでメレダイヤが大きくきれいに見えますし、
正面からご覧になってお分かり頂けるようにほとんど金属部分が見えずダイヤばかりがみえますので華奢できれいで優しい印象となっておりますぴかぴか(新しい)
同じようなリングでもメレダイヤの留め方で全体の印象が全く違って来るから不思議ですね。

E.Hさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。


最近、年齢を問わずk18イエローゴールド製のジュエリーの人気が高まっています。
以前は20代までのお若い方に限定されておりましたが、最近ではいろいろな年代の方にもイエローゴールド製が好まれているようです。
理由は、日本人の肌が若干黄色味を帯びているためにゴールド系のカラーが似合うということと、もう1つは最近の日本製のk18イエローゴールド(いわゆる18金)の色味の金色が押さえ気味に精製されているということで更に日本人の肌に馴染みやすくなったということです。
k18イエローゴールドには75%の金が含まれており、残りの25%に他の金属を配合いたします。
この25%の金属の種類や割合によって色味が決まってまいります。
ですから、20年位前に作られたk18や現在でも海外製のk18でしたら金色がもっと強い色味となっています。
当店で製作させていただいているのは日本製のk18イエローゴールドで金色が押さえ気味の優しく肌馴染みが良い色合いです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ